GraphLabo Blog

Category

Archives

2006年06月26日 | book

モヨコワールドにどっぷりと

この週末は、思いがけず安野モヨコワールドにひたっていた。
片付け中に出てきた「Quick Japan」のインタビューにはじまり、
「ハッピーマニア」、「働きマン」、エッセー「美人画報」、
庵野秀明監督との夫婦生活マンガ「監督不行届」、
そして、昨日買ったばかりの「さくらん」。

安野モヨコの漫画は、どの作品もかなりエロい。
絵がきれいから、あんまりやらしくは感じないけど、
描かれていることはかなりすごい。
でも。
どの作品も、パワフルな女のコがでてきて、
不思議と、読むと元気が湧いてくる。
なんだろな。

と思ったら、庵野監督が漫画の巻末インタビューで
おんなじことを言っていた。
めっちゃ明確なので、すこし引用させていただくと、

「嫁さんのマンガのすごいところは、マンガを現実からの避難場所にしていないとこなんですよ。(中略)嫁さんのマンガは、読んで現実に還る時に、読者の中にエネルギーが残るようなマンガなんですね。読んでくれた人が内側にこもるんじゃなくて、外側に出て行動したくなる、そういった力が湧いて来るマンガなんですよ。現実に対処して他人の中で生きていくためのマンガなんです。」(「監督不行届」より)

もーーーー、まさにそう。
そのとおり。

だからこそ、弱った時に
特に読みたくなるんだな。

トラックバック * URL→http://www.graphlabo.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1019

コメント

コメント投稿




設定を保存


Copyright(C) GraphLabo. All rights reserved. このサイトと連携する(XML) Powered by Movable Type 3.35