GraphLabo Blog

Category

Archives

2006年07月30日 | book

『夜の公園』

川上弘美さんの小説を読んだ。
この本が出た時の電車の吊り広告に書いてあったコピーに、
何故だか、読まなきゃ的な感覚になった、記憶がある。
って、そのコピーがなんだったか、忘れてしまったけど。

2人の女性と3人の男性が繰り広げる恋愛のお話。
とにかく、世界は広いようでいて、狭い。
そんな中で繰り広げられ、章ごとに視点を変えて綴られるストーリー。

昔よく、「近くの人ばっかりと恋愛しちゃって」といわれたけれど、
自分の中にある世界の、「濃い」部分がそんなに広くないんだから、
仕方がないと思う。
このお話に出てくる人たちもきっとそんな感じ。

正直、現実にあるとすると、絶対どろどろするんだろうけど、
(だって、主人公の夫が友達とデキてて、
その友達の別の恋人が主人公の恋人の弟、なんて!)
それが、この5人は表面にその感情を出さず、
日々をやり過ごし、月日が経っていく。
これって、この間観た映画「空中庭園」にどっかしら似てるよなーと思った。

なぜだか、人を好きになるとか、人のあたたかみを感じるとか、
そういうのって、よいよねぇ、と、いう感情が残った。
イマイチ感情移入もできず、すんなり読めてしまったのは
ちょいと残念だったけど。

トラックバック * URL→http://www.graphlabo.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1119

コメント

コメント投稿




設定を保存


Copyright(C) GraphLabo. All rights reserved. このサイトと連携する(XML) Powered by Movable Type 3.35