GraphLabo Blog

Category

Archives

2006年10月22日 | book

NANA、はまり中。

最近、NANAに激はまり中。

今まではまったマンガは、どちらかと言えば男系なものばっかで
少女マンガに分類されるものはほぼ読んだことなかったのに。
矢沢あいのマンガもパラキスしか読んだことなかったし。
(あれは少女マンガといっても、ちょっと色がちがうよな)

まだ5巻なので、話もすっごい初期の方しか知りませんが、
いちばん憧れるのはレンとナナの関係性。
相手に対してライバル心を持ちつつ、尊敬し合いつつ、
すっごい好き、みたいなのがいい。
表立って出さなくても、ちゃんと通じ合ってるというか。

働きマン読んでると、仕事頑張ろう!と現実的になったけど、
NANA読んでると、恋とか青春っていいなーと
今さらながら、眠っている乙女心(笑)が目覚めるねぇ。

でも、現実は、働きマン。

働きマン、といえば、3巻のお話が、あまりにも
現実の私たちに近くて、重くて、つらかった。
読むのに2時間かかった。
失恋の痛みを、仕事で忘れ去った松方。
「新しい恋で立ち直る、って方法もあったんですよね」
「なんで仕事で立ち直ってんだ、ってハナシですよ」
「まったく思いつかなかったんですよ?」
「あー自分にがっかり」

現実的すぎる。うぅぅぅぅ。

トラックバック * URL→http://www.graphlabo.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1242

コメント

by カズ 2006年10月23日 10:24

何気に全巻読んでます(笑)。TVもね。
予想以上にドロドロマンガで最初は驚きましたよー。
少女マンガと思ってたので、一人一人の心情の変化とか
結構生々しく、読んだら疲れました(爆)
自分には置き換えなかったけど、世界には入り込んでましたねー。

by ゆうこ 2006年10月23日 19:48

意外だわ(笑)
一般的?な少女マンガをあんまり読んでないからわかんなかったけど
普通ってこんなドロドロじゃないのかな。
でもまー、かなり現実に近いストーリー展開だよね。
話の中で、重きを置いている部分がどこなのかわからないくらい、
要素盛りだくさんぽいしw
今週は映画も見ます!どこまで再現されてるのか。楽しみ〜

by カズ 2006年10月23日 20:59

お疲れー。映画はまんまだよー。
借りてみなーってか、劇場は終わってるか。
まぁー、映画は綺麗なストーリーになってるから、つまらないかも。
アニメの方が、心情心理をかなり掘り下げてる感あるし。
(もしかしたら、尺を延ばしているだけかも(笑))

by ゆうこ 2006年10月24日 13:36

DVD、実は借りてきてあるんだな。
今日こそ早く帰って見ます。

コメント投稿




設定を保存


Copyright(C) GraphLabo. All rights reserved. このサイトと連携する(XML) Powered by Movable Type 3.35