tit_GBlog_2.gif

|撰| MUSIC LineUp

Archives

2009年11月06日

Fan Death

2009年11月05日

Jessie Evans

2008年09月02日

すいかの名産地

うちのかみさんが、たまに口ずさむ謎の童謡。

オーブレネリと並びなぜか口にのぼる歌なのだが、
とにかくフレーズの合間合間に「すいかの名産地」。
と連呼されるのである。

その天真爛漫なメロディーとうらはらに

可愛いあの娘の艶姿

と妙にエロティシズムあふれるフレーズが飛び出す。

いつも気になっていたのだが...。

今日かみさんのフリースタイルだったことが判明。

さすがにそんな仰天な歌詞はないわな。

2008年08月13日

いまさらボブ・ディラン

お恥ずかしながらいまさら聴きはじめてたり。
転がっても起きてしぶとく歩いていきたいな。
やっぱり伝説の人の伝説の時ってすさまじい。
その時歴史が動いた!っていう感覚が伝わる。


2008年06月06日

くりそつ

そして

感激の一瞬。

2007年03月07日

ひたむきにな。

やっとるわけですよ。大きくなれよ。

2007年03月06日

ラブコンピできました。 LOVE plants compilation vol.3

LOVERDR3008JK_72dpi375px.jpg古い歌。
語り継がれる歌。
変わらないメロディ。

新しい歌。
心にしみる音楽。

LOVE
plants compilation vol.3
V.A.
2007.03.21 リリース
RDR-3008
¥2,625 [tax in]
plants / RD RECORDS


いいコンピレーションができました。

まもなくみなさまのお手元に。

Illustration dragon & chikiluca
Design 小夏浩一[GraphLabo]

もう絵の素材がいいので、そっと雰囲気にあうようにエディトリアルした感じです。

アーティストのみなさん、素晴らしい音楽をアートワークをありがとうございます。

参加アーティストめっちゃ豪華です。まずは聴いてやってくださいまし。

2007年01月27日

ハービー・ハンコック好きか?でわかっちゃうんだよ。

今日はSUNDALAND CAFEplantsレーベルの新年会。
そこでとあるアーティストの方がええ話をしてはりました。


音楽ってのは(特に言葉の入らない楽器だけの音楽は)。
ある意味もう人間の可能性の追求っていうことなんだよ。

だから世界中のどこにいっても通じるわけ。

だから「ハービー・ハンコック好きか?」

「Yeah!」ですべてがわかっちゃうんだよね。

ここで人間の可能性を追求している人というところで、
ハービー・ハンコックってのがグッときました。ね。

まあそれだけなんですけど。ええ話やなー!と思って。

インドでもキューバでも韓国でも音楽、そして写真では
言葉を軽く越えて一挙に距離が縮まるのを実感したし、
まあでもハービー・ハンコックが個人的には言い得て妙。
あっあと笑顔も国境軽く越えます。よね。なんて...。


僕が好きなハービー・アルバムはコチラの3枚。
maidenvoyage_thumb.jpg fatalbertrotunda_thumb.jpg headhunters_thumb.jpg
ミルトン・ナシメントの「Cravo E Canela」エレピ演奏も!

2007年01月22日

Tété

tete.jpg

フランスのTété
セネガル系の人です。
今回のアルバムはかなり聴きやすい。

2007年01月21日

Rabbi

インドのホテルの部屋飲みでいつも
深夜MTVを見るともなく見てた。
(といってもTVがある部屋の時だけね)
その時にちょっといいなー。と思った人。
AmazonやTowerなどでは出てこず、
You Tubeで発見。

帰国してから聴くとトラックがちょっと
ポリスっぽくて、旋律も西洋風かしら?
独特のミクスチャー加減。

フォーキーさと映像の8mmっぽさが、
万国越えて気になるんかな?

2006年12月25日

巨星堕つ

sexmachine_.jpg
ゴッドファーザーJBことジェームス・ブラウン氏が亡くなりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

ラーメンズの片桐仁の名セリフ「誕生日イコール命日かっ!?」というセリフを思いだしてしまいますね。クリスマスを涅槃の日に選ぶなんて、最期の最期まで最高のエンターテイナーでいらしたのだなと思ってしまいました。

Say It Live And Loud_.jpgSay It Live And Loud
一番好きなアルバムです。
'68のダラスでの熱狂のライヴを収録。
往時のブラック・カルチャーの怒濤の勢いと
エンターテインメントとしての完成度に脱帽。

2006年12月15日

世界基準に到達した男たち。

ついに世界基準に到達しヨーロッパ・ツアーも敢行。
ディーヴァ=マーヴァ・ホイットニーとの共演も音源化されました。
GIVE IT UP OR TURNIT A LOOSE (PARTS 1&2) 絶品です。

夢を叶える男たち。

これからの活躍も楽しみにしてるで。
realityforthepeopleJK.jpg
オーサカ=モノレール
REALITY FOR THE PEOPLE
2006.12.15
¥2,415(tax in)
P-VINE
PCD-23863


iamwhatiam_final.jpg
MARVA WHITNEY
I AM WHAT I AM
2006.12.15
¥2,415(tax in)
P-VINE
SHOUT-201

2006年12月05日

Hey You!

出会いと別れを知るということ。
悪くないなと思わせてくれました。

一緒に悪戦苦闘して音を創っていたあの頃。
やつらはやつらなりに時を刻んで、こんな名曲
を産みだしてくれました。

あたたかくておおきな歌。

リリックはどこを切ってもジーンを来ますが、
最後のBASIのラインには脱帽です。

名曲をおおきありがとさん。

韻シスト
FONKY&LOVE
¥2,500
Middle tempo production

2006年11月25日

Anita O'Day アニタ・オデイ

ビリー・ホリデー、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、ヘレン・メリル、ペギー・リー、カーメン・マクレエ、ノラ・ジョーンズなどなど、挙げるときりがないけれど、一番好きだったジャズの女性シンガーは何を隠そうアニタ・オデイでした。

米ジャズ歌手、アニタ・オデイさん死去 87歳
残念無念な訃報でございます。
ご冥福をお祈りいたします。

華やかなコール・ポーターを歌ってはる大好きなアルバムです。
AnitaODaySwingsColePorter.jpg
Anita O'Day Swings Cole Porter
1952 verve

2005年12月04日

ヤバイモノウォテニイレタ

今日はcopa salvoと渋谷asiaでのASIAN HEAL JAMへ。
カンボジアの孤児院を支援しているNGO風の会 東京のイケちゃん主催のイベント。

yamajin_profile.jpg山仁 da sportsman
ex.Loop Junktion
山仁のソロアルバム2枚を衝動買い!
日本を代表するリリシスト、ぶっとびます。

PR00100511661.jpg1st CD ALBUM
DOWNTOWN POP & CHEEP
WPR-001
¥2,000

PR00100631037.jpg
2nd CD ALBUM
LOVE & CHEEP
WPR-002
¥2,000

D10002063.jpgDIY TOKION/
TOKION LAB VOL.1
D10002063
DON IM YUM TOKYO
¥1,575

あとはQ-ILLのトラックを演奏するDIY TOKIONの12inch EP。隣でかなりお話させてもらいながら
「絶対日本人じゃないっすよね。」とくどくどくだを巻いてしまうほど、不思議な揺れを感じさせてくれます。
こんな音源が100万枚売れてほしいです。文学的な揺らぎです。

犬式洋平氏に代弁して頂きますと...

Q-ILL & DIY TOKIONについての犬式三宅洋平の考察

cro-magnonのダンサブルさに狂喜乱舞!!!!!!!!!!!!なんでまだ12inch並んでないのよー!と歯噛みをしつつ...copa salvoの面々もピースでカッコダサい圧倒的なステージをやらかしてくれて、nbsaを彷彿とさせる大団円では、みんなで歌って踊って、ほんまに音楽素晴らしいと痛感しました。意外とcopa salvoとしては今年最後の東京でのライヴ。ええ夜やったわ。

みんな最高やわ。

NGOというと説教臭いイメージがあるのかもしれませんが、恩着せがましいことや、理路整然としたアジテーションはいっさい感じなくて、やっぱり行動している人は、その存在から発せられる印象や、実際に目の前の行動で、何かを伝えてくれるものだと感じました。終演後にカンボジアの子供たちからのメッセージ(前回出演した時の各メンバーの写真に書いてもらったもの)を受け取って、はっと会いにいきたいと思いました。

キョウハヤバイモノウォタクサンテニイレテシマッタ...

2005年08月24日

『clisco line』 cutman-booche CDジャケット

cutmanRDR1042.jpg

1st『cutman-booche』に引き続きデザインさせて頂きました。
アートワーク全般(グラフィックデザイン、イラストレーション、フォトグラフィー)を手がけています。
関連フライヤー、ポストカード、POPなどの全般をKoichi Konatsu(GraphLabo)名義でアートディレクション&デザインしています。

cutman-booche
clisco line
2005.08.24release
RDR-1042
¥1,890
MIRROR BALL / RD RECORDS

2005年06月19日

日本の歌ベスト10

いやー。選べないものです。

名曲たくさんあります。
80'sとか入ってくるとまたやばいです。
リリックメインで素晴らしいと思う曲ばかりを集結したつもり。

アーティスト「曲名」収録CDタイトル
1.fishmans 「POKKA POKKA」宇宙日本世田谷
2.空気公団「暮らし」cafe see more glassコンピ
3.矢野顕子「虹が出たなら」ピアノナイトリィ
4.SUPER BUTTER DOG「さよならCOLOR」さよならCOLOR
5.Mr.Children「くるみ」くるみ
6.SPITZ「うめぼし」SPITZ
7.上田正樹&有山じゅんじ「梅田からナンバまで」ぼちぼちいこか
8.奥田民生「イージュー☆ライダー」イージュー☆ライダー
9.小田和正「言葉にできない」自己BEST
10.はっぴいえんど「夏なんです」CITY

2005年03月09日

ひとりあそび『夜想曲6』

Joni Michell『All I Want』
from 4th album『Blue』1971

Joni.jpg

髪を洗ってもらうなんて。

を書いていておもいだしたのですが、恋多き女ジョニ・ミッチェルが瑞々しくも切ない恋心を歌ったこの曲で、『ただあなたの髪を洗ってあげたいの。セーターを編んであげたいのよ。』と赤裸裸に歌ってはりました。

4th album『Blue』はご存知の方も多いかと思われますが、ジョニ初期の西海岸でのフォーキーな作品の中では最高傑作と呼ばれている名盤です。

画家であり、変則チューニングを駆使し、様々なジャンルと男の人と世紀をまたいで素晴らしい音楽を創り続けてはる希有なアーティストです。

はじめてこの音を耳にしたのは18歳。
浪人時代の精神的にはかなり厭世的になっていた多感な時期の記憶が蘇ります。

AERA誌を駅のホームで読みながら、「そーかー。バブルも崩壊したかー!」「水の電気分解の反対の要領で発電できる燃料電池って、おいっ!今まで誰も気づかんかったんかい?」とか言いながら、かなり親父ぶっていた反面、旅と恋と音楽に揺れるジョニのアーティスティックな世界に浸ったものです。

今考えたらあの頃が一番おっさんやったなー。

私といたしましてはジャケットの『Blue』な印象通り、音も夜を彷彿とさせる印象です。

2005年03月04日

ひとりあそび『夜想曲5』

Fred Astaire『Night And Day』
from album『The Complete Cole Porter Songbooks [Box]』Cole Porter/Various Artists

731451982828.jpg

漆黒の闇にぽつりと浮かんだ微細な灯りが瞬くたび音の粒がぽつりと響く。

ぽつりぽつりぽつりと。

響きはじめるウッドベースと、ギター、ピアノのアンサンブルにのり、とつとつと歌われる恋の歌。


1930年代のスウィングジャズ。歌うは華麗な歌と踊りで当時一世を風靡した名優フレッド・アステア。楽曲はジャズ・スタンダードの名曲の数々を生み出し、昨年その生涯が映画化された(まだ観ていないのですが)作曲家コール・ポーター。ここ数年ジャズ・スタンダードを聴くようになって女性ヴォーカルを中心にスウィングジャズを幾つか集めてみたけれど、なぜか気になる曲はコール・ポーターの作曲ばかり。

家で聴いているのは、尾道のれいこう堂で、偶然探していたこのFred Astaireヴァージョンの『night and day』を収録した彼のオリジナルアルバムだけれど、コール・ポーターの素晴らしさを知るにはこのBOXなんか最高なのでは?という選曲(私も欲しい)。

2005年03月02日

ひとりあそび『夜想曲4』

フィッシュマンズ『POKKA POKKA』
from 7th album『宇宙 日本 世田谷』

Fishmans1b.jpg

透きとおった精巧な硝子細工の如く繊細な心から発せられる言葉や旋律は、

脆弱な印象よりも、純潔に澄み渡るゆえの強さを体現しているかのよう。


表層に漂う内へ沈みゆかんとす厭世感より、深層に潜んだ外へ融解しゆく

生への信頼を感じとる時、聴者の心は安堵に包みこまれる。


心の襞をとらえることができる人にのみ抽出可能なロマンティックの結晶。

2005年02月07日

ひとりがたり『愛唱歌1』

4988006189355.jpg

ハナレグミ『ハンキーバンキー』
from 2nd Album『日々のあわ』

2005年01月29日
SUNDALAND CAFE
CINEMA dub MONKSの曽我大穂君のライヴがすごい良かったんですよ。

ゲストミュージシャンも圧巻で、Bamboo SwingのBAKUちゃんから、カセットコンロス、ほんでもってハナレグミと来たもので、まぁ眼前の演奏見ながら泣いてしまいそうになって。またたまたまお昼にハナレグミの3rd CDを買って聴いていったもんやからまぁ。2ndステージのハナレグミとのセッションは特に個人的にきまくってしまってね。最後なんかもう生で、音響PAなしで聴いてしまえたからこらもう...大穂君の人柄も見えたええ一夜やったなぁ。贅沢な空間やった。

それからですわ。

家ギター復活。

影響されやすい性格。

その時のライヴで一等突き刺さった曲です。

聴いて弾いて歌って、三拍子そろってほんまええ歌、曲ですね。

また3rd Albumのタイトルが『帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ』やからね。まんまと歌ってしもうとるわいよ。弾いてかつ語ってしもうとるわいよ。

キャンプファイヤーで木のはぜる音なんか聴きながら歌いたいわいよ。


あっちなみに大穂君に影響されてブルースハープも買うてしまいました。
(まぁこれはcutman-boocheの影響もモロにあるのですが...)

そんでもってまだ全然吹けません。半音をベンドで下がるやつだけでけるようになりました(おー初心者っぽい。っていうかわからん人には全然わからん話題。)。

あっちなみに幼稚園の時、ハーモニカ俺だけ反対に吹いてました。右の方が低いの。今から考えたらほんまなんでそんなことしとってんやろと思うけど、その時は音楽嫌いになって、グレかけた時期あったなー。リコーダーから復活できてほんま良かったなー。二十数年の時を経て、今度こそ右の方が高い持ち方で吹けるようになろっと。もうまぁまぁ大人やし。

あっちなみにビリヤード今だに反対です。右利きやのに左利きの持ち方ではじめてしまって...ほんでもってそれに気づいてからというもの、なんだか近寄りがたい対象になってますっ!わいおっちょこちょいなんかな...

2005年02月05日

ひとりあそび『夜想曲3』

空気公団『呼び声』
from 2nd mini album『呼び声』

yobigoe.jpg

なにも書くべきことがみつかりません。この人の言葉のまえでは

なにも言葉にすることができません。すべてを愛おしく感じます。

暮らしが、人間が、世界が愛しすぎて切なくなってしまうのです。

今までみてきた幾重もの情景があふれてあふれてあふれてきます。

2005年02月04日

ひとりあそび『夜想曲2』

ビル・エヴァンス『Love Theme from Spartacus』
from Album『Conversations With Myself』

5085.jpg

めぐる季節は晩秋を迎えんとして、湖の景色はまさに錦繍の様相。

午睡の葉は南光を浴び、光を照りもどそうとするかのような黄金、

燃えさかる炎のように煌めく深紅、まばらだに透き色を灯す陽橙、

朽ち欠け葉脈にしがみつく艶紫、誇らしげな姿を魅せる一葉一様。

ふっと醒めたつや、我よ我よと紺碧にさざめく水面まではらゆら

と降り降りて、桃深い西陽が傾くまにまに無限の色彩を描きだす。

生死と、そのあいまを紡ぐ幾筋もの軌跡とが織りなす永遠の瞬き。

2005年02月03日

ひとりあそび『夜想曲1』

エリック・サティ『夜想曲第4番 ノクターンNo.4』

蒼空(濃紺ではあるが漆黒ではない)に満天の星々が瞬き、

静かな湖の水面が、その輝きを鏡のように映えている。

湖の淵には鬱蒼とした樹々に身を潜めた生き物たちが、

ひっそりと眠りに堕ちていく。

月の銀光が水平線から顔をのぞかせると、水面を跳ねる魚、

樹々の葉先に眠る蝶、動物達のねぐらの輪郭が浮かんでくる。

枝葉をそよがせ、波紋をなげる風、流れ星か蛍だかわからない

小さな光が飛び交うのを感じる。

大気は澄みわたり、ひんやりと心地よい空気を胸一杯に

吸い込む。湖の水を手杓で掬い口をひたすと、樹液の蜜か

甘露のような滋養あふれる味わいが染みわたる。

▲Page Top
Copyright(C) GraphLabo. All rights reserved. このサイトと連携する(XML) Powered by Movable Type 3.35