« 2008年11月 | メイン | 2013年01月 »

2009年01月20日

大道芸人nozomi


泣いた。

パントマイムでロボットの動きでパフォーマンスする大道芸人。
ロボットなのに、豊かな感情表現をする。

個人的に悲しい出来事があったので、思い切り感情移入した。

こころに響いた。素晴らしい。

投稿者 metalx : 22:45 | コメント (0) | トラックバック

2009年01月17日

The All-American Rejects『When The World Comes Down』★★★★☆

61slhc53WaL._SS500_.jpg


Oklahomaのバンドの3rd。

前作「Move Along」で一躍トップバンドの仲間入りを果たした彼ら。
そのヒットの要因になった素晴らしい美メロは本作でも健在。

オープニングの「I Wanna」からキラキラしたメロディが炸裂。
ギターを全面に出した曲はこの曲を含め数曲で、全体的にはキーボードやストリングスを使った
凝ったアレンジで美しいメロディを聴かせる楽曲が多い。
リズムがかわいい「Fallin' Apart」、しっとりして味わい深い「Mona Lisa」、
女性ボーカルとのデュエットが切ない「Another Heart Calls」、
王道エモが胸にくる「Believe」、スケール感のあるラストナンバー「Sunshine」などが印象的。
1曲の中でも展開を変えたりと、聴き手を退屈させない丁寧なつくりが彼ららしい。

Good Charlotteでおなじみ、Eric Valentineのプロデュースもマッチしている。
このバンドは元々こういった多彩なアレンジがうまい懐の広さを持っているので、
今作の作風の方がむしろ彼らの本域だと思う。

前作で好きになった人にも1stが好きな人にもおすすめな1枚。

投稿者 metalx : 22:07 | コメント (0) | トラックバック

2009年01月06日

映画『シークレット・サンシャイン』

photo153582.jpg


夫を事故でなくした女性が、失意の中息子と夫のふるさとに移り住む。
穏やかな田舎で自分たちの暮らしを取り戻そうとした矢先、無情にも女性を襲う不幸。
こころの平安を失った女性がたどる、苦悩と再生の物語。

名作「オアシス」の監督と、「ユア・マイ・サンシャイン」で枯れるほど涙を
搾り取った(笑)チョン・ドヨン、共演に名優ソン・ガンホ。
鉄壁の布陣で個人的にかなり期待した作品だった。

近年めずらしく、観るのが大変苦痛な映画だった。

主人公の女性に全く感情移入できなかった。
事件が起こる前も、起こってこころのバランスを失ってからも、
とにかく終始自己中心的でお前はいったい何様だと思った。

確かに悲劇に見舞われたかもしれないが、人は多かれ少なかれ
つらい経験をしながらもがんばって生きている。
別にお前一人が悲劇の主人公じゃねーだろ。

まわりのひとの心遣いをありがたいと思わず、仇で返す女。
しかも自分に悪意があるとも思っておらず、ましてや詫びることもない。

周りの全ての人を傷つける権利がお前にあるのか。
まったく何様のつもりだ。

観ていて大変イライラした。

チョン・ドヨンの演技は素晴らしく、女性の感情の移り変わりを
少ないせりふで見事に表現している。

脚本がひどい。名作「オアシス」の監督なのにどうしたのだろう。

「主演女優賞」であって「作品賞」でも「監督賞」でもないのがよくわかる。
素晴らしい演技は見れたが、作品は凡庸以下だった。残念。

投稿者 metalx : 18:48 | コメント (0) | トラックバック

映画『ファニーゲームU.S.A.』

photo166934.jpg


閑静な別荘地で余暇をすごす幸せな家族が、突然現れた2人の若者の
理由のない暴力で追い詰められていく不条理映画。

個人的には面白かった。
知人は「理不尽な暴力に不愉快になった」と言っていたが、そう思わなかった。
むしろ被害者たちがイライラ要素をふんだんに持っているので、
ある種しかたねーなとすら思ったぐらい。

監督は「暴力をかっこよく演出する映画に対するアンチテーゼ」などと
うそぶいていたが、それは建前だと思う。
この監督は絶対性格悪いはず(笑)。

被害者の家族の描き方が、すでに悪意がある。

高級車で自家用ヨットをひいて登場する裕福な家族。
カーステレオでオペラ歌手当てゲームをして、高尚な趣味をうかがわせる。

広大な敷地の別荘で、高級クラブでゴルフ。立派な大型犬も飼っている。

しかし犬が苦手な隣人の使いが来ても、うるさく吠え立てる犬をしかりつけることもなく、
卵を借りに来た使いが2度落として卵を割ると、とたんに不機嫌になり追い返す。

途中からは何もできないダメ夫、イラちで度量が狭いわりに自己中で服脱がされたぐらいで
メソメソ泣くような中年嫁、キャーキャー金切り声がうるさいガキ、やかましく吠えて
飼い主の言うことを全くきかないバカ犬。

もう、死んでいいよ(笑)

これじゃあ家人に感情移入できない。
あきらかに暴力肯定のほうにシフトおいてんじゃん。

全く同じアングルというオリジナルも面白そう。

投稿者 metalx : 18:12 | コメント (0) | トラックバック