« 2009年04月 | メイン | 2013年01月 »

2009年05月26日

不要なバナーをブロック!Firefox用アドオン「Adblock Plus」

会社のPCも家のMacもブラウザはFirefoxを使用しているのですが、
非常にいいアドオンを見つけました。

Firefox用アドオン「Adblock Plus」

ネットを見ていると、興味のないバナーがチカチカ表示されて
煩わしく思うことがあったのですが、これを使うと興味のないバナーを
任意でブロックすることが出来ます。

素晴らしい。

常々、勝手に見せられる広告の類は非常に不愉快だと思っていたので、
(なのでTVの民放局は全く観ません)これのおかげですっきりです。

きっかけはYahoo!ニュースで頻繁に表示される益若つばさのバナーでした。
益若つばさ自体は別に興味もなく好きでも嫌いでもなかったのですが、
いかにもギャル的な下品な写真を、見たくもないのに頻繁に見せられたため
大嫌いになりました。

あまりにしつこいので、Googleで「益若つばさ バナー ウザい」で検索すると
結構な方が同じことを感じていたらしく(笑)、その中でこれを紹介されてました。

同じようなお悩みをお持ちの方はぜひ。

投稿者 metalx : 14:25 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月17日

ジョン・キャメロン・ミッチェル。

ヘドウィグのサントラ聴いていて、ふと思いだした。

仕事柄、芸能人やハリウッド・スターと会う機会が度々ありますが、
見事に興味のない私は、会ってもテンションもあがらず全く何とも思いません。

そんな中、唯一テンションあがった人です。

映画「ショートバス」のプロモーションで来日したときに、担当でもないのに
先輩にお願いして記者会見に潜り込みました。

感動。目の前に本人が居る。
思慮深そうな落ち着いた物腰が何とも神秘的。

会見が始まるとあの声で語りだしましたが、記者との応答で
当然英語でしゃべっていたのですが、当方英語力が皆無なのに
なんと、ジョークがリアルタイムで笑えました。
落ち着いた口調で丁寧に話すので、日本人でもすごく聞き取りやすい。
コミュニケーションの一つ一つを大事にしている人なんだというのが
ひしひしと伝わりました。

おそらく、私の目は少女漫画のようになっていたと思います。
非常に貴重な経験で思い出に残っています。

投稿者 metalx : 22:24 | コメント (0) | トラックバック

もし、女に生まれ変わったら

02b.jpg


ハピネス三茶に住みたい。

あ、失礼。
今、「すいか」にハマってます。

小林聡美主演、「野ブタ」でおなじみ木皿泉脚本によるTVドラマ。
「かもめ食堂」や「めがね」の原案になったと言われている。

三軒茶屋のまかない付下宿屋「ハピネス三茶」を舞台に、
そこの住人たちの人間模様を描いています。

シットコムの名手の木皿脚本らしい、絶妙なテンポのオフビートコメディ。
ときおり挟まれる人生の機微を感じさせる台詞に、ほろっときます。

主演の小林聡美やともさかりえの演技も素晴らしいけど、
浅丘ルリ子、高橋克実、小泉今日子、白石加代子といった脇役陣もすてき。
もちろん、もたいさんや片桐さん、光石さんといったおなじみのメンツも
物語に華(?)を添えます。

放映当時はあまり視聴率は良くなかったが、後に高く評価されたらしい。
この内容なら当然です。

日本のTVドラマのDVDなんてとても買う気になれないけど、
これは手元に置いておいて、時々ふっと見たくなるような
大切な思い出のアルバムみたいな作品。

後、なにげに衣装かわいいんだよねー。

投稿者 metalx : 20:02 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月13日

Obscura『Cosmogenesis』★★★★☆

61zbdqQ9ftL._SS500_.jpg


ドイツの俊英プログレ/デスメタルバンドの2nd。

卓越したテクニックでプログレッシブな楽曲を演奏するスタイルのデスメタル。
中後期Death、Cynic、Atheist、そしてPestilenceの4thの頃の実験精神を受け継いでおり、
ブラストビートもあるが暴虐度は控えめで、代わりにプログレ指数が高い。
ジャズ/フュージョンの影響色濃い凝ったギターフレーズや豊かな音色のベースライン、
複雑なポリリズムを刻むドラムが絡み合い、スリリングなサウンドを形成している。

複雑で緻密な楽曲を嫌味なく聴かせる力量は見事。
演奏力の高いバンドは技術偏重になりマスターベーションに陥るケースも少なくないが
このバンドはメタルとしての完成度も高く、懐深いミュージシャンシップも感じさせる。
脇を固めるメンツが元Necrophagist、元Pestilenceといった欧州デスメタルの実力派揃いで、
確かなスキルと巧みな構成力は2枚目にして高い完成度を誇る。

今後の可能性を感じさせる素晴らしい内容。次作での更なる飛躍に期待したい。
ちなみにバンド名はカナダの変態プログレ・デスバンドGorgutsのアルバムタイトルより。
こちらも名盤です。

投稿者 metalx : 19:42 | コメント (0) | トラックバック

春の藤沢周平フェア

開催中です。といっても個人的な話ですが。

最近専ら藤沢作品を読み耽ってます。
市井の人の描写と日本人のこころに残る心象風景の描き方が素晴らしい。

本人も言ってますが、江戸時代はそれまでに比べて町人や下級武士の文化が
著しく栄え、それにより人々の暮らしがより現代に近く豊かになった時代。
しかし封建制度が支配し、日本伝統の風習も色濃く残るため今より不自由な
時代でもあった。

その中で人々が悩み、そして決断して生きた時代。
日本的な美しい価値観もまだ残っていた。

今の時代は、日本人古来のアイデンティティが失われた残念な時代。
今日も現実から逃避して、江戸時代の海坂藩に行ってまいります・・・

投稿者 metalx : 14:05 | コメント (0) | トラックバック

御茛、吸わはります?

私は喫煙者である。
大体2日で1箱ぐらい吸う、ごくごく一般的な喫煙者だ。

よく、嫌煙家がたばこは百害あって一利なしで廃止させろとか
1箱¥1,000にしろとかほざいてるが、そんな無知で白痴な嫌煙家どもに聞きたい。

お前らはたばこ税の使途を知っているのか?

たばこ税の税収は年間約2兆円を超える。国家予算が80兆円でその半分は国債
という現状をみれば、その金額の大きさが伺い知れるだろう。
そしてその税収は一般財源として、民生費、公園の建設や道路の整備費、
衛生費、公害対策費、消防費、教育費など実に様々な用途に充てられている。

嫌煙家のクズどもも、間違いなくその恩恵にあずかっているのだ。
そしてその出所は喫煙者のポケットマネーである。
お前らに声高に喫煙者を批判する資格は全く無い。

イカれクズ嫌煙家の主張を通すなら、たばこ税は特定財源にしていただきたい。
その用途は街角に喫煙ルームを設立する(冷暖房・空気清浄・ソファ・フリードリンク
など完備でタスポがないと入れない)とか、街の吸殻の清掃人や罰金を徴収する人を
雇うために使ってほしい。
そうすれば街はクリーン、喫煙家も心置きなく楽しめる。

また、喫煙マナーを守らない人間も許せない。
確かに、日本の禁煙事情は先進諸外国に比べ、変なルールがまかり通っている。
海外の喫煙ルールは屋内では完全禁煙が徹底されているが、
屋外を禁止しているところは少ない。
飲食店舗の外には、オープンテラスや灰皿があり喫煙が可能だ。

これに対し、日本は屋内禁煙が実に中途半端で路上喫煙の取締りが異常だ。
以前、埼玉の奥のほうに行った時、だだっぴろい道に路上喫煙禁止!と書かれていた。
白昼、人っ子ひとり歩いていないところで、仮に喫煙したとしていったい誰に迷惑が
かかるのかと疑問に思った。
喫煙のリスクは受動喫煙とゴミの問題だ。携帯灰皿で喫煙した場合、上記の場所で
いったい何の問題があるのだろう。全く理解不能だ。日本にはこんなところが多い。
人の多い繁華街や密集しやすい交差点などでの禁止はわかる。
しかし、閑散とした住宅街での禁止は意味がわからない。

飲食店に来店すれば、閉鎖的な環境で少なくとも30分~1時間はそこにいるだろう。
それに比べて、路上では開放的なところでほんの一瞬すれ違うだけである。
どちらの禁煙を徹底すべきか一目瞭然だ。

以上を踏まえた上でも、今ルールとして禁止されていることは守るべきだ。
それを守らない喫煙者が非常に多い。
そして守っていないのは、たいがい中高年のおやじだ。
ところ構わず路上喫煙をする。吸殻をその辺に捨てる。
先日、新宿御苑に行ってきたが、喫煙場所以外のところで喫煙しているおっさんがいた。
ぶちのめしてやろうかと思った。

おっさんは喫煙期間が長く、そして以前は喫煙マナーなど問われなかった。
脳が老化して柔軟な対応が出来なくなっているところに、長年言われてなかった
喫煙マナーを問われることになったのだ。対応し辛いのはわかる。
しかし、それぐらい守れよ。お前らのせいでこっちはいい迷惑だ。

後何十年かして今の中高年世代が死滅すれば、喫煙マナーもずいぶん良くなるだろう。

投稿者 metalx : 11:08 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月11日

ケツバット。

会社の同僚と話していて、ふと思い出したことがあった。

ケツバット。

嗚呼、なんとも懐かしくも痛々しいその響きよ。

言わずもがな、ケツバットとは棒状の仕置き得物にて
尻を殴打する体罰なり。
少年野球をやっていたので、金属バットにてガチ☆ケツバットを
頂戴しておりました。

失策をしたり、練習中におしゃべりをしていたりすると
容赦ない一撃が加えられたものである。
これが本気で痛い。殴打されてしばらくすると
ケツがミミズ腫れになっていたものだ。

しかし、体罰を受ける立派な理由があったので、
恐怖こそすれ憎しみはなかった。
団体競技なので、失策はチーム全員に迷惑をかける。
真剣な練習中のおしゃべりは、集中力の欠如。

今のご時勢、体罰で過剰に騒ぐが、
やる方もやられる方も下手なんだろうなぁ。

ケンカもそうだが、お互いが暗黙のルールを理解していてこそ
初めて成立する文化である。

ケツバット。そなたがいなくなり、
なんだか虎子の間が広くなり申した・・・

投稿者 metalx : 11:32 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月08日

マクロビオテック。

肉を食べない、という話をするとよく
「マクロビオティック?」と言われた。
マクロビがなんだか知らないが、あんまり言われるので少し調べた。

なるほど、食に関してはかなりヴィーガンに近い思想だ。
ただ、一個根本的に違うことがある。

ヴィーガンは動物や自然に配慮した思想で、健康はいわば副産物。
(だってヴィーガン思想をつきつめれば、自身の健康損ないますから・・・)
マクロビは自身の健康が第一で、環境への思慮は副産物。

非常に近い指向なのに、決定的に違う。

飽食し大量の動物を殺戮しつくし、自然環境を復元不可能にまで破壊し
夥しい量の人口毒物を撒き散らして、挙句の果てに自分の健康だと?

利己主義にも程があると思う。ヘルシーなんかクソ食らえだ。

しかし、現代社会でマクロビが増えれば、ヴィーガンの理想に近づく・・・

なので声高に批判はしません。
一緒にされたくはありませんが。

投稿者 metalx : 13:03 | コメント (0) | トラックバック