« 2009年05月 | メイン | 2013年01月 »

2009年06月20日

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦』

%E9%87%91%E6%89%93.jpg


いや、もうこれは・・・

子供アニメとかクレヨンしんちゃんとかではなく、
間違いなく映画史に残る傑作のひとつでしょう。

身分の差を隔てて、お互い胸の内に秘めた想い。
主君のために命を捨てることが本懐の武士。

封建の世において、不器用に生きざるを得なかったひとたちの
それでいて己が意志に殉じて生きた様が見事に描かれている。

綿密に時代考証を調べて描かれた演出。
巧みな伏線でいてわかりやすい物語。
しんのすけのギャグは控えめだけど、要所ではやっぱり
笑わせてくれる。

最後の終わり方を含めて、芸術的な完成度。
名作中の名作。

投稿者 metalx : 13:10 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月19日

Rise Against『Revolutions Per Minute』

2299240934_a049dcfd01_o.jpg


メロディックでカッコいいハードコアある?って聞かれたら、これオススメするね。

ライズ・アゲインストで1枚挙げろって言われて、これにする人多いんじゃないかな。
ゴツゴツして早くて哀愁漂うメロディック・ハードコア。

メロディックはハードコアじゃねえよってヤツがいたら、
人中に中高一本拳くらわしてやるよ(笑)

それよか希望が感じられないとな。
どんだけ絶望的で悲観的な状況でも希望はある。
怒りだけじゃない、希望が見えなきゃハードコアじゃねえ。

投稿者 metalx : 14:48 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月17日

生きてるって、

ほんとに疲れます。

教授に、いてよしって言ってもらいたいです。

絆ちゃんと響一くんのかわいいやり取りを見たいです。

基子さんとラブリーお母さんの掛け合いも見たいです。
(お母さん大好きです)

ゆかちゃんのご飯が食べたいです。

泥舟のママに、愚痴を聞いてもらいたいです。

間々田さんは・・・特にないです(笑)
嘘です。笑かしてください。

馬場ちゃん。
馬場ちゃんは、今何をしてますか?
元気にやってますか?
春菊、意外においしいですよ。

投稿者 metalx : 23:23 | コメント (0) | トラックバック

しかし。

人間、生きるのも死ぬのも疲れるよなぁ。
めんどくせぇ。

たばこの煙みたいに、ふわっと消えてなくなりたいよね。
あとかたもなく。

投稿者 metalx : 15:10 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月16日

映画『空気人形』

%E7%A9%BA%E6%B0%97%E4%BA%BA%E5%BD%A2.jpg

今、いちばん観たい映画。
是枝裕和監督、ペ・ドゥナ主演。秋公開です。

公式サイトで予告篇がアップされてました
初めて気づいたのが、なんと音楽がWorld's End Girlfriend。
おおっと、ナイスチョイス。
映画の世界観にすごくマッチしてそう。いいセンスしてるなぁ、是枝監督。

もう、期待値100%です。

投稿者 metalx : 17:09 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月15日

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』

55ae14d8.jpg


いやー泣いた。笑った。名作の名に違わぬ素晴らしい作品ですね。

「20世紀少年」に通じるSFサスペンスなモチーフ、宮崎アニメをはじめ名作への
オマージュをふんだんに盛り込んだ演出、良く描けたシナリオ。
クレヨンしんちゃんと侮るなかれ、いや、侮ってまんまとハメられて観るべし。

ひろしが大人に戻るシーンはやっぱりうるうるしました。
そう、何気ない日々こそが宝物なんですよね。

そして大傑作の誉れ高い「アッパレ!戦国大合戦」も、これから観るので楽しみです。
これもまた半端ない傑作らしいですね。

投稿者 metalx : 14:54 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月04日

Amorphis『Skyforger』★★★★☆

skyfoger.jpg


フィンランドのゴシック/プログレ・メタルバンドの9枚目。
名作の誉れ高い「Eclipse」、そして「Silent Waters」に続く本作は、
これまた全編捨て曲なしの傑作となった。

胸を締め付けるような切ないメロディを表現力豊かに歌い上げるヴォーカル。
ギターは多彩なフレーズや印象的なソロを奏でる。
キーボードは時にバッキング、時にリードと楽曲のボトムを支えるいい仕事をしている。
楽曲のアレンジも非常に丁寧に練られており、ミディアムテンポが並んでも
それぞれの曲に個性を持たせているので飽きさせない。
アルバム全体の構成も見事で、特に冒頭のM-1~4の流れに感動した。

哀切と翳りをたたえたロマンティックなメロディの楽曲のゴシックメタルに、
フォークメタル、メロディック・デスの要素も適度にブレンド。
Opethとはまた違った表現方法で、ドラマティックなゴシックメタルの
ひとつの完成形を示したといっても過言ではないと思う。

ボーナストラックの2曲もアルバムと雰囲気が合っていて良い。
購入を迷われてる方には、買って損なしとぜひお勧めしたい。


投稿者 metalx : 18:17 | コメント (0) | トラックバック

VCD Clash Mickey

LondonCalling_Mickey.jpg


ほしい・・・高いんだよなぁ。
でもほしい。

前に壁紙を製作しましたので、ほしい方は下記からどうぞ。

1024×768
1280×1024


投稿者 metalx : 17:58 | コメント (2) | トラックバック