« 2009年11月 | メイン | 2013年01月 »

2009年12月20日

映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

b1f73eeb.jpg

Blu-Rayで鑑賞。
素敵なドラマでした。

デヴィッド・フィンチャーやクリストファー・ノーランは私が若い頃、
革新的な映像作品で一躍その名を轟かせた監督。
その人たちが年齢を重ね、人間の本質に迫る滋味深いドラマを描くようになったのは
大変興味深い。
そして彼らと同じように歳を重ねた自分が、若い頃には感じられなかった人生の機微を
深く感じられるようになり感動できるようになった事を幸せに思う。

プロットの斬新さはデヴィッド・フィンチャーならではだが、
物語の本質は誰もが経験する人生のドラマそのもの。
それ故に終演時には深い感動を覚えた。

ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェットという華のあるキャスティングもよかったと思う。
演技派の俳優である必要は無い。物語はありふれた人生のドラマなのだから。

ハリウッド映画の不毛時代が謳われて久しいが、私はそうは思わない。
むしろ、こうやって素晴らしい作品に巡り会えるのだから幸福な時代だろう。

投稿者 metalx : 02:51 | コメント (0) | トラックバック

2009年12月09日

ヴィーガン→ラクト・オボ・ベジタリアンに。

ヴィーガンになって約8ヶ月、ラクト・オボ・ベジタリアンに戻そうと思ってます。
とにかく、日本ではヴィーガンは不便。ストレスが溜まる。金もムダにかかる(極貧なのに・・・)。
なのに、周りの連中に白い目でみられ細かいこと突っ込まれる。

本来の主義とヴィーガンは少しずれているので、ラクト・オボに戻そうと思います。
森の人も蟲にお願いして卵もらってたしね(笑)

投稿者 metalx : 20:19 | コメント (0) | トラックバック

映画『WALL・E』

wall-e.jpg

去年劇場では観ていたのですが、フルHDテレビ・PS3と揃ったのでBlu-Rayであらためて鑑賞。

いやぁ、やっぱ素晴らしいわ。
まず映像の鮮明さにびっくり。単純やねー(笑)
しかし映画館よりよっぽど高解像度で色温度も良く色彩も鮮やか。
劇場のスクリーンのクオリティの低さをあらためて痛感。

ストーリーもキャラクターも素晴らしい。ベタなんだけど、でも大事なこと。
普通に涙流して感動しました。

そしてMO!カワイイ!やっぱいーなー。
一家に一台ほしいなー。お掃除してくれるし。

そしていよいよカールじいさん観ます!楽しみ~

投稿者 metalx : 19:57 | コメント (0) | トラックバック

2009年・年間個人CDランキング

Anaal Nathrakh/In the Constellation of the Black Widow
Goatwhore/Carving out the Eyes of God
God Dethroned/Passiondale
Vader/Necropolis
Alice In Chains/Black Gives Way to Blue
Frost/Milliontown
Converge/Axe to Fall
凛として時雨/just A moment
World's End Girlfriend/farewell kingdom

やはりメタルが多いランキングになった。ランク外でもメタル比率が高い。
近年のメタルブームの著しさを感じる。
その中の日本のアクト、凛として時雨とWEGの存在が光る。
特にWEGは、おそらく今年最も聴いたアーティストだと思う。上記アルバム以外も良く聴いた。
国別で言うと、アメリカ(3)、日本、イギリス(2)、オランダ・ポーランドが(1)。

個人的には傑作!と衝撃を受ける作品はなかったが、ConvergeやVaderの貫禄の新作や
うれしいAlice In Chainsの復帰作などいい作品にめぐりあえた。
10枚選出できなかったのは残念だが・・・

年内お金がなかったので、気にしながらもチェックできていない作品も多い。
ひょっとしたらその中にもランキング入ってくる良盤もあったかもしれない。

なにはともあれ、今年一年も良い音楽が聴けて幸せです。

投稿者 metalx : 19:47 | コメント (0) | トラックバック

2009年12月01日

無題

例えば この世での生命がつきることより 自分自身を失うことの方がつらい
たとえ嫌われ者でも 間違っていても 最低な人間でも 偏屈でも
誰からも愛されなくても 誰からも認められなくても 誰からも必要とされなくても
この世で生きていくために自分自身を見捨てたくはない
自分自身を変えたくはない 自分自身を殺したくはない
オレが見捨てたら こいつは本当に誰からも愛されない人間だから
ごみ溜めのなかで惨めな生涯を終えるその一瞬まで
四面楚歌の自分自身を抱きしめていてやりたい

投稿者 metalx : 18:00 | コメント (0) | トラックバック