« 2010年12月 | メイン | 2013年01月 »

2011年01月31日

くびわのない のらいぬ

おれさまは くびわのない のらいぬ
おれさまに くびわはいらない くさりはいらない

おれさまは くびわのない のらいぬ
かいならされて きばをうしなう つもりはない
しっぽをふって あいそうをふりまく つもりもない

おれさまは くびわのない のらいぬ
ただだれも ひろってくれなかっただけ
ひつようとされなかっただけ

あたたかい いえも
おいしい ごはんも
わらいあう かぞくも

なにひとつもたない ただの のらいぬ

投稿者 metalx : 12:51 | コメント (0) | トラックバック

2011年01月19日

デモンズソウルのAmazonのカスタマーレビューが良作ぞろいの件について。

713H45zRWJL._AA1280_.jpg

2009年の発売以来、今だPS3最高峰の名高い和製RPG「デモンズソウル」。
そのAmazonのカスタマーレビューが実によい。良作揃い。
なんというか、詩的なものが多いのだ。
このゲームを愛する者たちは、必ず過酷な試練を乗り越えている。
それ故の感慨がひしひしと伝わってくる。

レビュー読んだらまたやりたくなってきたな・・・

投稿者 metalx : 12:45 | コメント (0) | トラックバック

2011年01月17日

日本の音楽業界。

>ミルモは、Windows Media DRM対応の音楽・動画アプリケーション
>「millmo Media Player」を、通信大手3キャリアのAndroid端末向けに
>提供を始めた。これは複数の音楽配信系コンテンツプロバイダー(CP)
>に対して、DRM に対応した音楽配信プラットフォームを提供するもので、
>アプリ上で音楽コンテンツを検索・購入できるよう整理してユーザーに
>提供する仕組みになっている。 DRM管理の下、WMAやAACなどの様々な
>音楽フォーマットが購入・再生でき、PCとの同期にも柔軟に対応。
>音楽ファイルの再生や、PCの音楽配信サービスで購入した楽曲や、CDから
>取り込んだ楽曲などもこのアプリを利用する事により一元管理する事が
>可能となっている。
(ORICON BiZより転載)

あらためて言いますが・・・日本の音楽業界はもうだめですね。
DRMフリーに時世が流れる中、いまだにこんなことを言っている。
CCCD、着メロの不自由な制限、そういった行為がユーザー離れを
加速させた経験を見事に生かしていない。
もはや哀れです。

CCCDで痛い目を見たので、EMIのCDを買わなくなりました。
携帯を買い替えた時、着メロを移動できなかったので
着メロを買わなくなりました。

こういうところで音源を絶対に買いません。
お金を出して買ったユーザーに不当な制限を加えるような
プラットフォームは絶対に利用しません。

いい加減、目を覚ましたらどうですか?

投稿者 metalx : 19:27 | コメント (0) | トラックバック

2011年01月10日

IPPONグランプリ2011・開幕戦inお台場。

関西在住の方なら思わずツっこむかと思いますが・・・
まんまダイナマイト関西やんけ!!!

まぁ、松っちゃん昔からローカル芸人のネタとか企画、
ようパクってるもんな・・・今に始まった事ちゃうか。

つーわけで、ダイナマイト関西丸出しの大喜利対決トーナメントの
この企画、違うのは吉本芸人で固めていないぐらいか。
企画としてはダイナマイト関西ですでに完成されているので、
面白いのは保証済み。

最後は見事な1本でしたね。
あと、くーちゃんの立ち位置、ダイ関のケンコバみたい(笑)
くーちゃんvsケンコバ観てみたいなー。
下ネタの応酬になりそうやけど(笑)

投稿者 metalx : 22:37 | コメント (0) | トラックバック

映画『インセプション』

%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC-18.jpg

ようやく観ました。面白かった。
こういう観る人を迷宮に誘うサスペンス・スリラーは
クリストファー・ノーランの真骨頂ですね。
最近のバットマンとは違う、彼の本域の作品を観た気がします。
主人公の心情がソダーバーグ版『ソラリス』と同じですね。
美人の奥さんを持つと、男は執着してしまうのでしょうか(笑)

個人的には3部作で観たかった。
1が導入部分、2が主人公の過去、3が結末といった感じで。
全体的に少し駆け足気味だったので、じっくり観たいと思いました。

投稿者 metalx : 01:46 | コメント (0) | トラックバック