« 2011年12月 | メイン | 2013年01月 »

2012年01月22日

映画『川の底からこんにちは』

%E5%B7%9D%E3%81%AE%E5%BA%95%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%81%AF.png

何気に観ていなかったので、会社の同僚にDVD借りて観ました。
前半部分、変にデフォルメしてコメディタッチにしているのが
取っ付き難く、退屈で1回止めてしまいました。
しばらくして気を取り直して続きを観ました。

中盤の佐和子が吹っ切れるところがいいですよね。
全然理屈通ってねぇ。
ここがこの映画の良いところだと思います。

たとえば「キンキー・ブーツ」だの「天使にラブ・ソングを…」だの
日本だと「フラガール」だの、いわゆる成功してゆく映画には
立ち直りの理由があります。
ところが佐和子には一切ない。
追い込まれて吹っ切れるけど、論理的に説明できる理由なし。
加えてその後に佐和子や工場のおばちゃん達が言う、大丈夫や
がんばるしかない、といった台詞にも根拠がない。

しかし、迫力がある。

まるで今のバキ世界と同じ 笑
理屈が通っているものではなく、迫力を持っているものが正論。

この筋が通ってないところがこの映画の最大の魅力。
論理なんか捨てちまえ。希望的観測がないからどうした。
完ぺきな開き直りが美しい。
満島ひかりがもつ迫力が充分に発揮されていた映画だと思う。

確かに、今の現代人に必要なのは、この根拠のないエネルギーかも
しれない。

p.s.
ネットで見てたら、やたらこの映画絶賛してる人がいる。
気持ち悪いなぁ。
いい映画だけど、そんな絶賛するほどじゃないよ。
少なくとも映画としてのつくりは粗い。

投稿者 metalx : 19:35 | コメント (0) | トラックバック

2012年01月20日

初音ミクが歌うChromeブラウザのCMソング、iTunesチャート1位に。

いいっすねえ。
ボカロが市民権得てきてますね。
しょうもないリアル歌手よりよっぽどいいです。

ボカロは結局クリエイターのセルフプロデュースなので作家性が
強いのと、歌詞の世界観がクソみたいな恋愛ソングや白々しい
がんばれソングではないのが良いです。
まぁ、中二病のセカイ系が多いですが。

個人的にはPerfumeはほぼボカロみたいなもんだと思ってます。
基本的には中田ヤスタカPによる、アンドロイドユニットだと。

この辺、わかる人とそうでない人で分かれるでしょうね。

投稿者 metalx : 16:48 | コメント (0) | トラックバック

2012年01月17日

「ヘルタースケルター」映画化。

%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg

芸能ニュース見ないのでスルーしてた。
監督:蜷川実花、主演:沢尻エリカ・・・
考えられる中で最悪な組み合わせで実写映画化される・・・

沢尻エリカの演技力は評価している。
正直、あんなことがなかったらもっといい作品にも出ていたと思う。
蜷川実花は全く評価していない。

これは酷いな。
さぞかし穢いゴシップで宣伝活動して話題にするのだろうな。
作品が穢される。
岡崎京子作品には特に強い思い入れがあるので、これには
本当にがっかりさせられた。

投稿者 metalx : 20:08 | コメント (0) | トラックバック

『隔週刊 ブルーノート』創刊。

隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション創刊。
毎号1人のアーティストをピックアップし、ブルーノートの
歴史を豊富な資料と厳選した音源で振り返る雑誌。

創刊第1号の特集アーティストは・・・

マイルス・デイヴィス!

なんでやねん!!!

とつっこまれた方も多いかと思います。
「サムシング・エルス」1枚だけじゃねえかよ。
しかもキャノンボール・アダレイ名義だし。
厳選した音源ってオリジナル盤6曲しかありませんが?

ブルーノート語るなら他にもっといるだろうがよ。
これだとコルトレーンも絶対入れてくるな。
・・・と思って公式サイト見たらやっぱり入ってたw

まぁ、ブルーノートのコアファンが喜びそうな貴重な情報
とかでなく、あくまでJazz初心者のライトユーザー向けの
緩い内容なのは想像に難くないな。
スルー確定です。

投稿者 metalx : 10:35 | コメント (0) | トラックバック

2012年01月06日

「喫煙で医療費1733億円増加…脳・心臓疾患で」

>脳梗塞や心筋梗塞などの医療費が、喫煙によって1733億円増加している
>という推計を、厚生労働省研究班(主任研究者=辻一郎東北大教授)がまとめた。
>
>メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)による増加分の1.5倍に上り、
>研究班は禁煙指導の強化を訴えている。
>
>研究班は、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)が1989~2007年に
>行った吹田市民4285人(40~74歳)の健康調査の結果を分析。
>様々な病気の発症率と、喫煙の有無との関連を調べた。
>
>その結果、脳梗塞や脳出血などの「脳血管障害」は喫煙によって男性は25%、
>女性は5%増加。また、心筋梗塞や狭心症などの「虚血性心疾患」は同じく
>男性は12%、女性は19%増えていた。この増加率から、全国の同じ年齢層の
>脳血管障害と虚血性心疾患の医療費総額1兆781億円(08年度)のうち、
>1733億円は喫煙によって余計にかかった分と算出された。

こういう記事で喫煙をやり玉に上げている奴はいつも煙草は害悪、と決めつけて
情報を操作している。
喫煙は無害だとか病気と因果関係がないとは言わない。
しかしこういう数字を出してくる奴は公平性に欠けてると言わざるを得ない。

健康を気にかけている人に喫煙者は少ない。
逆に喫煙者はほとんど健康に無頓着な人が多いだろう。
病気の原因は喫煙だけにあるのではなく、健康に無頓着で節制をしない生活習慣
が原因だという事を言わずに、病気になった人の喫煙率を単純にカウントして
喫煙は病気になる、と言い切る。
そんな数字に何の根拠もない。

本当に喫煙と病気の因果関係を調べたいなら、喫煙以外は全く同じ生活習慣で
生活してもらった複数の被験者の数十年を追いかけてレポートしてから言え。

仮にも先進医学を研究している者が、こんな曖昧な情報ソースで稚拙な判断を
するなど断じて科学者・医学者とは言い難い。

投稿者 metalx : 00:05 | コメント (0) | トラックバック