« 2012年06月 | メイン | 2013年01月 »

2012年07月29日

リー。

TS3Q0103.jpg

今朝、彼が亡くなりました。
ここ数年は体も弱って、何度か死に目を乗り越えてはいたのですが
やはり年齢による体力低下のため今回は回復に至らずでした。
でも、元気に長生きしてくれた。
最後までよれよれのじいさんみたいになることなく、いつまでも
変わらない愛嬌を振りまいてくれた。

家に来てくれてありがとう。
家族になってくれてありがとう。
あなたに巡り会わせてくれた、全ての事に感謝します。

最後辛そうだったね。安らかに眠ってください。
最愛の愛犬へ。

投稿者 metalx : 13:23 | コメント (0) | トラックバック

2012年07月11日

しんぞー。

最近心臓がおかしい。
安静にしているときでも、急にひとつかふたつ
動悸が荒くなって息苦しくなる。
とくん、とくん、どくっ、とくん・・・みたいな
結構頻繁になるようになったので、何か疾患が
あるのかもしれない。
(自律神経がおかしいのかもしれないが)

まぁ、もう人生に希望はないので、何かあるのなら
ちゃっちゃと終わらせてほしい。

無駄に病気で苦しんで生き長らえたりしたくないので。
金も苦しむ時間も無駄。
親とか周りに迷惑もかけたくないしね。

投稿者 metalx : 23:26 | コメント (0) | トラックバック

2012年07月08日

我欲にまみれた日本。

石原慎太郎が震災直後に
「東京都民は我欲にまみれている。東京に津波がくればいい。」
的な事を言って物議をかもしましたが、おれもそう思う。

ほんとにどいつもこいつも狭い自分と自分の周りの事しか
考えていない。
自分たちの損得を守る事に必死すぎ。
いっぺん全部流されて失って一から始めればいい。

江戸時代の町民は貧しい生活をしている人達が多かった。
武士ですら下級武士は食うに精一杯だった。
長屋で暮らしながら、お互い助け合う社会の仕組みがあった。
個々が弱いから寄り添う事によって補い合っていたのだ。

今の日本人は恵まれすぎているのだと思う。
だから苦しんでいる人、困っている人、弱い人に手を差し伸べる
社会の仕組みがまるで不足している。
全体の生活水準が上がった結果、お互いが自分たちの既得権を
守るために敬遠しあうようになってしまった。
貧困家庭、独居老人、非正規雇用者、単親家庭、その他社会的
弱者に人として情をかけてあげられるような、社会はもう
やってこないのだろう。
おれは今の社会に何の希望も感じられない。
自分たちの事ばかり大切にしてる奴らが、勝手にやればいい。
そしていつか滅びろ。

投稿者 metalx : 13:04 | コメント (0) | トラックバック

大津のいじめ自殺事件。

大津のいじめ自殺事件についてfacebookで複数回取り上げましたが、
1人を除いて誰も反応しない。
見事な無反応。

ま、こんなもんですな。
所詮は他人事。
さすが無関心社会日本。
こういう無関心な連中含めて加害者だと思う。

自分か自分の子供かが実際そういう目に会って苦しめばわかるよ。
ていうかみんないっぺんそういう目に会えばいい。
私は関係ないわみたいな顔してる連中の面の皮剥がれるの見てやるよ。
もちろん、手を差し伸べたりはしないけどなwww

投稿者 metalx : 12:41 | コメント (0) | トラックバック

2012年07月06日

尊敬している人。

もちろん両親のことも尊敬してるけど
一番尊敬しているのは亡くなった母方のばあちゃん。

あんな自分の事を置いといて、人の事ばかり
考えてた人知らんわ。

葬式って、多少感傷的になって泣いたりする人はおるけど
本当の意味でたくさんの人に
感謝されて惜しまれて涙流してもらってる葬式
後にも先にもあれだけやわ。

自分が歳取れば取るほど
あの人の偉大さがわかってくるわ。

おれなんか絶対にあんな人になられへんから
心から尊敬してます。

投稿者 metalx : 23:53 | コメント (0) | トラックバック