« 拝啓YouTubeさま。 | メイン | 個人的2012年ベスト・アルバム。 »

2012年10月27日

生活保護、212万4669人=過去最多を更新。

このニュース、ある点で由々しき自体が潜んでいます。
ご承知の通り、日本では在日外国人にも生活保護が支給されています。

上記212万4669人中、外国人の被保護者は4万29人。
割合で言うと1.9%が外国人です。
そのうち朝鮮・韓国籍の人数はなんと2万7035人。
外国人のうち67.5%が朝鮮・韓国人。

日本の人口は現在1億2805万7352人。
在日朝鮮・韓国籍の人数は42万3273人。
日本人の被保護者人数は208万4640人
前述のように朝鮮・韓国籍の被保護者人数は2万7035人。
割合で表すと、日本人の被保護者割合は人口に対し1.6%。
一方、朝鮮・韓国籍の被保護者割合は総数に対しなんと6.4%。

12年度の生活保護年間支給総額は約2兆8000億円。
これを単純に人数で割り、1人当たり年間131万7852円支給されてるとします。
朝鮮・韓国籍の被保護者数でかけると、年間なんと356億2812万8820円が
在日朝鮮・韓国人の生活保護に使われていることになります。
これ、どう思いますか?

在日朝鮮・韓国人はなんのために日本にいるのでしょう?
出稼ぎ?ビジネス?その割には生活保護人数・割合が多すぎます。
日本に寄生する在日朝鮮・韓国人を即刻送還すべきだと思います。
なぜ、こいつらのために血税を投入しなければならない?

投稿者 metalx : 2012年10月27日 15:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.graphlabo.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/2005

コメント