« 2012年10月 | メイン

2013年01月05日

個人的2012年ベスト・アルバム。

アルバム/アーティスト(順不同)
Angels Of Darkness, Demons Of Light 2 / Earth
Monolith of Inhumanity / Cattle Decapitation
De Vermis Mysteriis /High On Fire
Koloss / Meshuggah
Our Way & The Highway / Koffin Kats
¡Uno! / Green Day
good kid, m.A.A.d city / Kendrick Lamar
People Hear What They See / Oddisee
Vodka & Ayahuasca / Gangrene
Dice Game / Guilty Simpson, Apollo Brown

個人的な今年の総括と感想としては、90sリバイバルとHip hopの再発見が
あげられると思います。
90sはアメリカで再結成されたりオリジナルメンバーで新作出したりと
にわかに盛り上がっていますが、それに乗っかった感じ。青春だったしね。
去年本当に良く聴いたアルバムはSublimeとLong beach Dub Allstarsでした。
Hip hopはNasじゃないけど死んだと思っていたので随分聴いていませんでした
が、メジャーで活きのいい若手が出てきてるし、アンダーグラウンドでは
まだまだ創造性が失われていないなということを知れたのが収穫でした。

以下、一言レビューです。

・Angels Of Darkness, Demons Of Light 2 / Earth
ドローン系の祖とも言われるEarth。しかし現在の彼らは轟音は封印し、
耽美で静謐な音像で雄大な世界観を聴かせてくれます。

・Monolith of Inhumanity / Cattle Decapitation
Californiaの超絶技巧激音バンド。目紛しい曲展開で置いてきぼりを食う 笑
凄まじくけたたましい。

・De Vermis Mysteriis /High On Fire
プロデュースにKurt Ballouを迎え、持ち味を活かした快作。
このところ少し勢いに翳りが見えていたのが、見事払拭された。

・Koloss / Meshuggah
高密度な前作をどう超えてくるのかと懸念していたが、音楽性の幅の広さと
プロダクションの充実によりまたもやこちらのハードルを越えてきた。
やはり現役最高峰バンドのひとつ。

・Our Way & The Highway / Koffin Kats
今イチ人気が出てこないのがもどかしい。曲もいいし演奏もカッコいい
のになぁ。

・¡Uno! / Green Day
初心に返ったようなシンプルにいいアルバム。3枚連続リリースの創作意欲も
素晴らしいです。

・good kid, m.A.A.d city / Kendrick Lamar
随分とリリースを待たされましたが、待った甲斐あったアルバム。
イケイケで来るのかと思いきや、実に地に足着いたじっくり聴かせる内容。

・People Hear What They See / Oddisee
Oddiseeのプロダクションセンスは本当に素晴らしい。ソウルフルで
ブラックミュージックの良質なエッセンスをうまくピックアップしてる。

・Vodka & Ayahuasca / Gangrene
おそらく今年のベスト1。ヤバい。胡散臭い雰囲気となんかやらかしそうな
危険な香りが中毒性を持ってる。

・Dice Game / Guilty Simpson, Apollo Brown
アングラHip hopはセンスのいいトラックメイカーが多いですね。
Apollo Brownもほんとツボを心得た良質のトラックを作る。

投稿者 metalx : 10:58 | コメント (0) | トラックバック