tit_GBlog_2.gif

ESPRESSIVO HOME > 旅をしよう > カルモ教会とエレベーター 〜 ポルトガル 〜

2009.01.18 | 旅をしよう

カルモ教会とエレベーター 〜 ポルトガル 〜

Lisbon

4-5世紀前に屋根が崩れ落ちた教会(カルモ教会)へと入る。

ガイドブックに載っていた写真と同じ景色!って当たり前だけど、やはり実際見ると想像以上に中は広くて立派な教会であったことがわかる。有料の施設だけどお金払った価値はあった。教会の周辺も特にうるさいところではないけど、中は一層静かで厳粛な雰囲気もする。しかしコーセイはというと、N子とかけっこしたりしてキャッキャ楽しんでいた。子供にはヨーロッパの歴史や街並より走ったり上ったりすることの方がよっぽど楽しいんだなと、改めて実感。

奥の方には、撮影禁止の屋根付き部分があって資料室とお土産物屋さんになっている。かなりグロテスクなミイラや石の棺桶なんかもあったが、天井にたくさんある小さな窓から光が差し込んでいて美しい空間でもあった。

この教会はシアード地区にある。シアード地区は、ブティック街みたいになっていて、古い建物の中にLevi'sやH&Mなど日本でも有名なブランドも含めたくさんのショップがある。そして、坂の多いところだからか単なる観光用なのか、街の真ん中に有料のエレベーターがある。その上が展望台になっていて細い階段を上ると旧市街が一望できるようになっていた。

Lisbon
▲ぜひクリックして1024px*684pxの拡大版を観てください

見渡す限りオレンジ色の瓦…この潔さが気持ちいい!リスボン最高〜!
そんな気分になる。こんな見晴らしのいいところだとは思ってなかったので得した気分だった。

シアード地区から10分ほど歩いてテージョ川に出た。海に出る直前のこの付近は、一度大きく膨らんでいて川幅がかなり広い。後で調べたらイベリア半島で最も長い川みたく、全長1000kmを超えるという。カモメが飛んでいたので、旅を忘れて(妻子も横へ置き)必死にフォトジェニックを狙ってカモメを狙ってた(おかげでいい写真撮れた)。

そして、マーケットを見たいといって少し歩いたがもう閉まっていたり、腹が減ってうろうろしたが良さそうな食堂がなかったり、スーパーでバナナかってコーセイに道端で食べさしたり、何の目的も無く対岸へ行くフェリーに乗ったりして、闇雲に彷徨って、結局夕方ごろホテルに帰った。
とりあえずちょっと昼寝をしようと3人ともベットにごろり。そしたらそのまま晩ご飯も食べずに朝まで眠り続けてしまった。。。

フェリーに乗った事、昼ご飯を不規則に摂った事、夜ご飯を食べなかった事、せっかくの快晴日を無駄に過ごしてしまった事などなど、後日N子と二人でかなり後悔するはめになった。今考えると、マーケットに行きたいと言い出したのは俺。それがそもそもの間違いだったかも。。。

▼その他の写真

Chiado Elevator
エレベーターの外観

Lisbon
エレベーターの中
※エレベーターには実際乗ってない

IMGP9574
シアード地区のブティック街

IMGP9700
テージョ川目前の広場

crossing the Tejo by ferry - Lisbon -
フェリーに乗って特に何もない対岸へ。
4月25日橋というヨーロッパ最長の吊り橋が見える。

20:45 | TrackBacks(0)

Previous:ポルトガルの街
Next:業務連絡:携帯アドレス変更

TrackBacks

Trackback URL http://www.graphlabo.com/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1576

Recent Flickr
my.flickr
Recent ENTRIES
Recent COMMENTS
Categories
Information

GraphLabo Blog

Archives
RSS

Powered by Movable Type 3.35