tit_GBlog_2.gif

さいきんのできごと LineUp

Archives

2006年05月03日

天津甘栗的?

YOUKAN.jpg dyc氏の親友、E藤くんの中国出張土産をもらった。なにせ、彼は羊羹メーカーに務めているから、お土産はいつもコレなのだ。・・・というのはもちろん冗談で、彼は「世界の○ニー」で携帯電話を作っているナイスガイ。dyc氏とは大学のクラスメートで、かれこれ13年くらいの付き合いになるのである。いつもお世話になっております。
 
 この羊羹、パンダのマークが可愛い!ということだけでなく、パッケージで注目したいのは、「天津甘栗的」って!?「福建烏龍茶的」って!?うーん、「的」っていうことは、やっぱ、そのものではないってことだよね・・・?まだ味見していないんだけど、楽しみなような怖いような(笑)。そして、賞味期限は一年あるらしい。なのにパッケージの裏には「食用方法:即食」って書いてある・・・。ナゾだらけです。さすが中国四千年の歴史。

 パンダということで我が家の住人のひとり、パンダの「てくー」君をついでに紹介。ずいぶん前に下北沢のヴィレッジ・ヴァンガードで山積みになっていた中から救出してきたので、同居歴はかなり長い。白黒でなんかテクノっぽいから、というようわからん理由で名前がついたんだったなぁ・・・

 あとでお茶を入れていただくことにしよう。E藤くんありがとう!

2006年03月18日

レシートの内容

 先週はなんだか予定が続き、後半は3日連続で飲んでいました。その中日でもある木曜日は、相方タクヤ氏の行きつけのお店@横浜に出向き、飲みすぎて途中で記憶が飛んだ・・・。ひさびさにマポも出現し、翌朝、手には見覚えのないアザが・・・(当然タクヤにも)。夫婦で店の中でバイオレンスしたらしい。あぁ反省、反省・・・。

 横浜から家にタクシーで帰り、家に入る前に、お酒を飲んだ日いつも飲んでいる「ウコンの力」(二日酔いにならないのでオススメ)がないからとひとりでコンビニまで行った私。ところが、朝起きると出しっぱなしのセブンイレブンの袋にはウコンはなく、代わりに溶けたアイスクリームなどが・・・。財布の中に残っていたレシートを見て自分のことながら吹き出してしまった。内容は以下。

 ●和風しろくま →これはいったい何者か?朝みたらデザートっぽかったので冷蔵庫に。しかし、翌日、セブン限定のアイスクリームだったことが判明。トホホと捨てました、ええ・・。
 ●北海道 れん乳ミルク →確かにれん乳は好きだけど、これ飲んだことない。しかも、この商品、「乳」「ミルク」って、名前がかぶってるよ。後日、タクヤ氏に半分以上飲まれることに。まぁ美味しかった。
 ●ハーゲンダッツ チーズケーキ →新作?!と思ってはしゃいで買ったことが窺える。しかし翌日ドロドロに。再冷凍後、おそらく違う味になっていたであろうそれをタクヤ氏がほとんど平らげる。なので今度改めて買って食べます。
 ●サントリー伊右衛門 500ml →これは普通・・・。毎日飲んでるし、そもそも冷蔵庫にはでっかいペットボトルがあります。これは翌日早速会社に持参し、飲み終わる。

 全体的に甘~~いラインナップ(酒の反動か?)しめて847円。私はそこで1,007円出していた。酔っ払っている中での、この端数の7円。無意識の中で小銭のことを考えていたのだろうか・・・。我ながらアッパレ。え、そんなことない?

 飲みすぎには気をつけます、ハイ。そして、飲んだら寝る前に必ずウコンを飲むべし。
 

2005年10月03日

レコメンドするということ。

 美容院のあと、小腹が空いたのでサブウェイに行った。大学生のとき、通算で2年くらいバイトしていたので、けっこう注文にはこだわってしまう。何年も経って、当時全面的に禁煙だったのが解除されたり、パンの種類も2種類から倍以上に増えたり、メニューもかなり変わったけど、今も親近感があり、たまに食べたくなって立ち寄る。で、いつも向こうが聞いてくる前に「玉ネギ抜いて、ピクルスとトマト多めで」とか「調味料はあれとあれで」とか注文をつけるのだけど、今日は向こうから提案があった。頼んだメニューはテリヤキチキンだったので
ARさん「通常は調味料はかけないんですが何かありますか?」
私「えーと・・・(迷う)」(ここで何か彼女が言ったような気がするがはっきりわからず)
私「バジルマヨネーズって言いました?」
AR「・・をかける方もいらっしゃいます」
私「じゃあ、それにしてください」
 なんか、ささいなことだけど、ちょっとだけうれしい気分になった。そういうの大事だと思う。

 先週、頭痛がしたので会社の近くの薬局に頭痛薬を買いに行った。家で使っているものがもうすぐなくなるし、と思って同じのでいいや、と思い
私「すみません、○○のLサイズください」
お店の人「□□のほうがお得ですよ」
え?違うクスリじゃん、とぽかーんとした顔を私がしていたのだろう、彼は○○と□□の箱を両方とも棚から取ってきて、裏を指差して説明を始めた。
お店の人「○○にはいっているこの成分A,B,Cね、□□にも同じのが入ってるんですよ、ホラ」
私「はあ」
お店の人「で、○○の成分Aが300mgで□□は600mgって書いてあるんだけど、○○は一日4錠、□□は一日4錠だから、結局同じなんですよ」
私「ほお」
お店の人「で、□□は富山の置き薬にも入っているし」
私「ああ、品質はすごくいいってことですか?」
お店の人「そうじゃなかったら置き薬にしないでしょ(笑う)」
私「ええ、そうですね(・・そうだけどさ・・)」
お店の人「でね、□□のほうが10錠分くらいお得なんですよ」
私「(すかさず)じゃあ、今日は□□にしてみます」
お店の人「ありがとうございまーす」

 なんか手品みたいな感じだったけど、ついおすすめに乗ってしまった。いままで10年以上○○を使ってきていたんだけど。でも安く済んだし、成分同じだし、ぜんぜんいいや、ということで。気のせいか、その後飲んだらすぐ効いたような。単純だなあ、私。

 でも、そうやってお店の人が何かを直接おすすめしてくれるのって気持ちがいい。自分の仕事も間接的にはそういうことにつながっているけど、たまに直接リコメンドできる機会があると、非常に楽しい気持ちになるのだった。 さて、ブログでも、もっとおすすめを紹介していくぞ。

2005年09月11日

思い出の中のお菓子

 ネパール時代の友達、Mちゃんと久々に会った。
 Mちゃんは、私の家族が帰国する数ヶ月前に家族で赴任してきて、ちょうど入れ違いくらいだったから、一緒に過ごした時間は短いのだけど、それから15年以上経ったいまでも数年に1回はふたりで会って他愛もないおしゃべりをしたりする。去年の5月に彼女の結婚披露パーティーにお呼ばれして以来、今回はMちゃんのおうちにお呼ばれ。写真を見せてもらったりしながら、結婚式のこと、仕事のこと、ネパールのこと、共通の友達のこと、話はつきない。
 途中で、アメリカにいる妹さんのおみやげで、といってMちゃんが出してくれたおやつで、当時の記憶がぶわっとよみがえった。その名は「FRUITS ROLL-UPS」。FRUITROLLUP.jpg
 これは、グミみたいなゼリーみたいなものがシートにのばされていて、そのシートが棒状に丸まっているのを広げて、シートからはがして、むしゃむしゃと食べる。(手はベトベトになる。)昔はたしか茶色っぽい色しかなかったように思うけど、最近は進化して(?)レインボーカラーになっていて、さらにポップなイラストや文字が印刷されている。何のためかというと、舌に押し当てて5秒間待つと、プリントされるというのだ。(うまくできなかったので写真はナシ)
 味はおせじにも美味しいとはいえない(笑)、ゼリービーンズみたいな、「アメリカっぽい」味なんだけど、慣れると病みつきになっちゃいそうな味。何味かもよくわからないけど。当時、アメリカンスクールで周りのみんながむしゃむしゃ食べているのを時々もらって食べていたくらいで、ウチでは買ってもらったことがなかったお菓子だけど、なんとも懐かしい気分になった。帰国してから文通していたけど私が会社に入ったくらいで連絡の途絶えてしまったあの子は今どうしているんだろうか?とか、また思い出したりしてさらに話がはずみ、気づいたら5時間経っていた。あっという間だったな。Mちゃん、ありがとうね。楽しかった、またゆっくり話そうね。

2005年09月04日

おむかえでごんす

grape.jpg
巨峰を食べようと買ってきたら、おもしろい形のがあったので思わず記録!
ふた粒分がくっついたものだと思うんだけど、これって、手塚治虫の『ブラック・ジャック』とかに出てくるキャラクターに似てるんじゃないか?とひとりでウケてしまった。日常的に、何と何が似てるとか、見つけるのがけっこう好きでくだらないことばかり言ってるのであった。

長く書こうと気張りすぎて、前回の更新からまたすごく間が空いてしまったけど、ちょっとずつでもいいから更新の頻度を上げていこう!と思っている。

2005年01月03日

wishing a peaceful year 2005 !

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 2004年は個人的にも災難に見舞われたことも大きかったけど、全国的に、いや、世界的にも災難が本当に多い一年だったので、今年は、おだやかに過ごせる一年であることを心から願います。

 今年は休みが短いので正月ボケしている暇もなく、かえってよかったかな。さて、酉年なので、鶏の写真を・・・。って無理矢理なこじつけですが。
chiken.jpg 
 うちの実家では大晦日にローストチキンを食べるのが数年前からのならわし。クリスマスじゃなくね。いちおう自分の誕生祝も兼ねてもらっているので、31日からすでに満腹な日々が続くのでした。

2004年12月12日

出張②~仙台

大阪・和歌山から連続で出張にいってきた。今度は仙台。

 9月から公開していた映画『スウィングガールズ』のコンベンションを、仙台だけでやるというのだ。舞台は山形県で、セリフはほぼ全編東北弁だし、東北地域のみなさんで盛り上げていきましょう!というメーカー側の狙いなのだが、支店に声をかけたら参加希望者がたくさん集まり、最初にもらった招待枠の2倍以上の人数で参加することに。
swinggirls.jpg
 映画は東京で終了ギリギリに見に行っていたが、ひとことで言うと、明るく楽しい青春映画。同じ監督の『ウォーターボーイズ』の女の子版で、シンクロがジャズに置き換わったストーリーかな。自分も高校・大学と吹奏楽をやっていたのでけっこう親しみを持てたし、見終わった後にむしょうに楽器が吹きたくなった。幅広い年齢層の人にオススメできるいい映画です。

 試写会、コンベンション、懇親会がおわってから仙台の店をいくつか見学。しかしやはり仙台は、新球団もできるし、地元をみんなで盛り上げよう、という気持ちがあちこちから伝わってくる街だった。DVD発売は来年の春だが、そのときにも何かイベントっぽいことが実現できたらいいなぁ、と思って帰途についた。

 お昼に牛タン定食を食べたが、夜は時間がなくてお土産と駅弁を買ってダッシュで新幹線に乗り込む。奮発して1,100円の弁当にした!「独眼竜政宗弁当」という二段重ねの弁当で、「弁当」の漢字は旧字体。重箱の中身はかなり充実。
sendai.jpg
 一の折:くるみとぎんなんのおこわ・わかとりの照焼・しめじのうす煮・梅かま・栗甘露煮・こごみのごま和え・ごぼうの金平煮・牛肉しぐれ煮
 二の折:赤しそ巻むすび・仙台みその焼むすび・野菜肉巻・さわらの黄身焼・笹かまぼこ・ほたて甘煮・凍豆腐含め煮・たずなこんにゃく含め煮・人参含め煮・ふき・筍含め煮・仙台長なす漬・桜大根漬・・・って、盛りだくさん!!

 うわ~、ゴーカゴーカ!というか、途中でおなかいっぱいになりながら、ビールとともに完食!

 2連チャンの出張は移動だけでやっぱりけっこう疲れたけど、なんやかんやと充実していたのでした。

2004年12月11日

出張①~大阪

ようやく重い腰をあげてブログ開始。

 日々ほとんどオフィスから出ないで仕事をしているが、今週はめずらしく立て続けに出張に行った。
 ひとつめは、和歌山にOPENする(今日した)新店の売場づくりのお手伝い。和歌山に入る前に大阪で店舗見学。そしてご飯。
 久々の大阪だ、何食べよう?かに道楽?たこ焼き食いたい。お好み焼きもいいなあ。ふぐ?ああ、何にする?あ、くいだおれ人形だ!あ~~腹へったー!たこ焼きは絶対に食べるぞ!ああ、でも何にしよう??

 と、もだえ苦しみながらさまよううちに見つけたのが、「道頓堀極楽商店街」!今年の7月にOPENしたというのだが、ビルの5~7階に渡って昭和初期の大阪の街並みを再現したような作りになっていて、
たこ焼き、お好み焼き、串カツ、寿司、フルーツパーラー、駄菓子屋、占い、スマートボール、金魚すくいなど,あらゆる楽しいお店がいっぱい入ったところだった。

 すっかり観光客気分でそぞろ歩き、迷いに迷った末に、「蛸やくし」という店に入る。ここは、自分でたこ焼きが作れるようになっていて、テーブルにはたこ焼き用の鉄板が設置されている。

 大阪では一家に一個(一台っていうの?)たこ焼き機(名前これでいいのか?)があるというが、そういえば、千葉のウチの実家にもあった・・・。誰も大阪出身ではないのに。そして私は使ったことがない。文化祭で使うからと持ち出したことがあるはずだが、あの時私は何をしてたんだろう?・・・と遠い記憶に思いをはせながら、妬き始める。

 「うわ~、ホントにできるのかな?うまく丸くなるの?とドキドキしてたのだが、気のいいオバちゃんのアドバイスにしたがっていたら、あっという間にキレイにできあがった!すごい!ちょっと感動!

 たこ焼きを前に、ビールで乾杯!ああ、しあわせ・・・
 こうして出張の夜は更けていく。


1207maho.jpg

▲Page Top
Copyright(C) GraphLabo. All rights reserved. このサイトと連携する(XML) Powered by Movable Type 3.35