tit_GBlog_2.gif

Archives

2005年09月14日 | 日陰の本棚

【日本怪奇小説傑作集1】

長くて暗い秋の夜。
ベランダでふかした煙草の煙。
みるみるふわりとひとがたに。

おやまあ執念深いこと。
あたしを恨むんならお門違い。
甲斐性無しの己を恨むんだねえ。

くるくると手首に巻きつく煙を
ふうっ とひとふき。
紅い唇がつりあがる。

秋の幽霊も悪かあないね。

収録作品+++++わたしの怖い度★
小泉八雲「茶碗の中」★
泉鏡花「海異記」★★
夏目漱石「蛇」★★★★★★★★★★
森鴎外「蛇」★★★★★
村山槐多「悪魔の舌」★★★★★
谷崎潤一郎「人面疽」★★
大泉黒石「黄夫人の手」★★
芥川龍之介「妙な話」★★★★★
内田百間「盡頭子」★★★★★★★★★★
田中貢太郎「蟇の血」★★
室生犀星「後の日の童子」★★★★★★★★★★
岡本綺堂「木曾の旅人」
江戸川乱歩「鏡地獄」★★★★★
大佛次郎「銀簪」★★★★★★★★★★
川端康成「慰霊歌」★★
夢野久作「難船小僧」★★
佐藤春夫「化物屋敷」★★

どれも怖いが
夏目漱石、大佛次郎が
ぶるっときましてございます。

コメント

by メタ 2005年09月15日 01:17

このボリウム、お値段いくらですか?(w

by やまさん 2005年09月15日 07:51

税込価格 : \1,155 (本体 : \1,100)
出版 : 東京創元社でございます。
9月22日に第二弾、11月に第三弾発行予定。
あの作家がこんな作品を!的な面白さもあり
大満足。

◆第2巻◆
   城 昌幸 「人花」
横溝正史 「かいやぐら物語」
西尾 正 「海蛇」
角田喜久雄 「鬼啾」
橘 外男 「逗子物語」
幸田露伴 「幻談」
火野葦平 「怪談宋公館」
久生十蘭 「妖翳記」
三橋一夫 「夢」
中島 敦 「木乃伊」
山田風太郎 「人間華」
三島由紀夫 「復讐」
円地文子 「黒髪変化」
遠藤周作 「蜘蛛」
山本周五郎 「その木戸を通って」
日影丈吉 「猫の泉」

◆第3巻◆
  吉行淳之介 「出口」
山川方夫 「お守り」
稲垣足穂 「山ン本五郎左衛門只今退散仕る」
小松左京 「くだんのはは」
荒木良一 「名笛秘曲」
三浦哲郎 「楕円形の故郷」
都筑道夫 「はだか川心中」
半村 良 「箪笥」
星 新一 「門のある家」
中井英夫 「影人」
吉田健一 「幽霊」
筒井康隆 「遠い座敷」
阿刀田高 「縄」
赤江 瀑 「海贄考」
澁澤龍彦 「ぼろんじ」
皆川博子 「風」
高橋克彦 「大好きな姉」


コメント投稿




設定を保存


Copyright(C) GraphLabo. All rights reserved. このサイトと連携する(XML) Powered by Movable Type 3.35