tit_GBlog_2.gif

おはなし LineUp

Archives

2005年06月16日

3分くらいの映像で/

配役    男.......劇団ひとり   女......管野美穂
音楽    「ナイトクルージング」  fishmans

犬のように駆けるのだ。
3日ぶりにメシにありつける野良犬のごとき
焦燥感と期待感にみちみちた速度で。
速く速く地球上のどんな生物よりも速く。
胸の中をキンキンとがったものがぶつかり合い、
黒い火花をあげる。
ススススススス突如停電からからからまわりエンスト。
ふにゃけてゆくこころと体をなだめひきずりながら、
もうあと、すこし、あと、すぐ、そこ、
マンションの前でのたのたのたと停止。
ああ。
どうして。俺は。来てしまったのか。

さかっていた炎は
放置されたキャンプファイヤーのしょぼたれたモエカスに。
はあはあと舌をだし、空を見上げるのだ。
マンションの2階の窓から蜂蜜色の灯りがじんわりとしたたる。
あの人のいる部屋。
体がふるえる。
しんしんとした熱さと寒さ。
はあはあと出していた舌をひっこめて
両手をひざに突っ張ってようよう立ち上がる。
ここまで来たんた。来てしまったから。
だから。
ノックしなければ。

階段をあがりドアの前に立つ。
ドアの隙間からもれる灯り。
ノックに答える声。
ノブにかかる手。
ぐちゃぐちゃのまま考えるの停止。
ノブは回った。ドアは開かれる。
バカ犬にもどるな今夜は。
これから俺におとずれる幻が、
どんなにきれいで愛おしくとも
ひとつまみの喜びも
もたらされないだろうから。
たくさんの焦燥と後悔しか
もたらされないだろうから。
それはこれまでも繰り返されてきたこと。
それでもなお幻を
見たいと望んだ。
だから。

あの人を背にして歩く。
ときどきあの人をふりかえる。
真っ黒なケープをはおって、
すそが風にふわふわとなびく。くすんだ赤茶色の革のブーツ。
髪を後ろでひっつめて、大きな黒い瞳。
まるで
遊牧民のお姫さま。
あの人の首に噛みつきたくてたまらない。
あまいあまいネクタルが流れるそのほそい首。
つばがあふれる。でも。
あの人は透明な膜につつまれている。
うすくて
けっしてやぶることはできない膜。
その膜のむこうからこちらを眺める。俺をとおりこす視線。
ごくりとつば飲み込んで、のびかけた 犬歯を引っ込めて
あの人を街のオアシスへご案内。

短針と長針の重なる部分に、
ぽつんと穴が空きあれあれよというまにブラックホール。
乱れる気持ちを無頓着にぐいぐいと吸いこむ。
いっそあの人ごと吸い込んでしまえ。
俺は呆然と幻が吸い込まれて行くのを呆然と見ている。
お姫様は、帰り支度。

触れることのできない幻に
これからもずっと飢えつづけるのか。

あの人は手をふるさようなら!
俺はダッシュする。野良犬にもどって猛然とダッシュする。
夜の砂漠を駆けぬける。
しょぼたれたバカ犬の最後の速力で。
バカなことだけど、バカなことだけど。
どうしようもないくらいバカなことだけど。

駅の階段を駆け上がり
くだをまいてるもつれあっているへたりこんでる
たくさんの人々を追い越して
たどりついた駅のホーム。
電車のドアがあき、出る人乗る人ホームにあふれる。
ああ。
あの人が電車に乗りこむのが見える。
あの人の乗った車両に近づいて行く。
体じゅうがしんしんと冷えてゆく。
あの人は乗り降りする人にもまれている。
あの人の乗る車両の前に立つ。
あの人は背を向けてつり革につかまっている。

しろいくび。
あまいネクタルが流れているしろいくび。
あと、一歩。

あの人が振り返る。

窓人窓人窓人窓人窓人窓人。
夜へすべり出る電車。
車窓から、糖蜜色の灯りがながれだす。

あの人は、ききわけのない飼い犬をあやすような目で
俺を笑っていた。

ふくらみきった体がぱんとわれて
しゅうしゅうと空気を吐き出しつづけている。
ホームに膝をつき手をつく。
なにやってるんだ。俺は。
望みはないとわかっていて。なぜ望む。
苦しむだけだとわかっていて。なぜ望む。
なぜ。
コンクリートに打ち付けた拳から流れる血。
幻を見るために犠牲にする、俺のネクタル。
にがいにがいこの酒を、あの人に。

2004年11月24日

3分ぐらいの映像で/世界の果て

●場所/世界の果ての島の入り江
●登場人物/初老の男(大杉漣)、青年(大森南朋)、女(仲間由紀恵)
                      全員白衣を着ている。研究員風。
●ロケ地候補/タスマニア  ウールノース
●音/ゆったり、穏やかな曲。暗くならないように。
●映像の質感/クリアではなくドットの大きい荒れたかんじの質感で

まっすぐ、天を突き刺すようにそびえる絶壁に囲まれた入江。
白い砂浜にうちよせる波。
夜明けとも、夕暮れともつかぬアイスブルーの空。
冷たい海風が入江を吹き抜ける。
静かな静かな風景。
波打ち際に、すこしづつ離れて立つ3人の白衣の研究員。

青年は海に向かって透明な袋を広げ、空気を集めている。
足下に置いた計測器に集めた空気をいれ、針が示す数値をノートに記録。
ふと、袋の中に漂うものに気づく。
綿毛のついた種子。
袋をひらいてそっとつまみあげ、その形をノートに記録する。
手のひらにのせた種子が、風に舞い上がる。
飛び去っていく方向に、初老の男の姿。

波打ち際にしゃがむ初老の男。
ビーカーで海水をすくう。
温度を測り、濃度を測り、ノートに記録する。
ふと目をこらすと、透明でなプランクトンが数匹、
ビーカーの中で泳いでいる。
ノートに記録する。
打ち寄せる波に、ビーカーごとひたし、プランクトンを海へと送り出す。
波に乗り、沖へ向かうプランクトンの目線が、
波打ちぎわに立つ女をとらえる。

海と空の境界線に目をこらし、
波と風の音に耳を澄ませる女。
入江の突端に目をやる。
なにかが打ち上げられている。
白く滑らかな曲線が、灰色と青色の混じった空を背景に
うかびあがっている。
女、近づいていく。

女の背を遥かにこえる、白いオブジェ。
クジラの背骨のよう。
ゆっくりと周りを歩きながら、観察する女。
太い骨の1つに耳をあてる。目を閉じる。

女の頭の中に、骨の主の一生が
細切れの映像となって流れ込んでくる。

誕生の瞬間。
青い青い海を母クジラや仲間と一緒に泳ぐ。
観光船の船底。
海上に出ると、船に乗った大人や子供たちが手をふっている。
潮を噴き上げる。平和な時間。
伴侶との出会い。出産。
3匹よりそって泳ぐ。
そして、ある日、
海を爆風がかけぬけ、大津波に巻き込まれる。

男2人近づいてくる。
女、目を閉じて骨に耳をあてている。
まわりをゆっくり歩きながら骨を観察する男たち。
目を開ける女。そっと骨をつかむ。
つまんだ部分がその硬質な外見に似合わぬもろさで
ぼろぼろと崩れていく。
女の手のひらのアップ。
白い骨の粒がさらさらと風に流されてゆく。

骨に耳を当てる女、男。
3人と骨の姿を真上からとらえる。
ぐんぐん引いていく。
入江全体がうつり、島全体がうつり、
海と大陸全体がうつしだされる。
3人のいる島以外、
焦げたような色合いの大陸、海の色、星の色。

▲Page Top
Copyright(C) GraphLabo. All rights reserved. このサイトと連携する(XML) Powered by Movable Type 3.35