tit_GBlog_2.gif

シアターあんぐあん LineUp

Archives

2008年04月15日

アニメ2本

週末に「レミーのおいしいレストラン」「幻魔大戦」
を見てみました。

「幻魔大戦」は、大友克洋作画、美輪明宏やら白石加代子
やらが声優で出てるとあり、字面だけでおなかいっぱい。
オープニングの魔女(白石加代子)の予言&踊りが
まさに白石さんの暗黒劇を見ているようで不気味。
打楽器のBGMをバックに、東京?の林立するビル群が
うつるシーンは「AKIRA」を彷彿。
そういや「AKIRA」も「幻魔大戦」みたく、
普通にくらしてたのに
突然覚醒してしまう超能力者が主役でしたなあ。
あ、「幻魔」のルナ姫の声って、「AKIRA」のKちゃんの
声の人だ。いやー、つながってますねえ。
原田知世も声優参加してるしなあ。
ここらへんは角川映画ならではでしょうか。
お姉さんがかわいそやったなあ。
覚醒したのにあんなことに。
でも地球無事でよかったです。


「レミーの美味しいレストラン」
最近疲れ気味だったので、あれこれ考えないで
インスタントに感動できる作品として選んでみたのですが。
途中で3回一時停止を押し、寝ました。
まったくだめだった。
「モンスターズインク」はわりかし見れたので
この作品もいけるだろうと思ってましたが。
なんとか我慢して最後まで見たのですが。

結局ネズミの二人羽織がなかったら
あんたはなんにも作れないのかよー。

うーん。つかれた。

2008年04月01日

遅ればせデスノ

◎「デスノート」
ひさびさに藤原氏を見ましたが。うまい。ことごとくうまい。
ラストシーンも、どす黒真っ黒エグくてよかったなあ。
おひょいさんはどんな演技でもおひょいさん。
◎「好きだ、」
あおいちゃんは文句なくかわいい。
が、永作博美氏はもっともっとかわいい。
一見はかなげで無頼な女って格好いい。
西島氏はいわずもがなです。
明け方のアパートでのシーンが、そういや社会人になってから
近しい場面に遭遇したような、したことないような。。。
と、なんだか妙に心がざわざわしちゃいました。
◎『花蓮の夏』
台湾の映画。青くしめった映像がグーです。
ちょっと上向き気味の鼻のヒロインが、可愛い子豚に見えます。
高校時代って、こういうシチュエーションありえると思う。
自分が気になる子は理数クラスの女の子でしたね。
色が白くってほっそりしてて黒めがち。
体育館でバスケの試合してるのを見てたなあ。
自分の気持ちはぐっちゃぐちゃでどうしていいかわからず、
じーっと見つめることしかできない感じは、
よーっくわかります。

◎『運が良けりゃ』
山田洋次監督の時代劇。落語ネタてんこもり。
賠償千恵子がさくらにしか見えず、
ハナ肇が寅さんにしか見えないぞーっと思ってると、
渥美清がちょい役でかなりの存在感。
餅を取り出すシーンが、あっけらかんとしててほっとしました。
落語だとかなりブラックです。

2008年02月26日

黒猫白猫

はちゃめちゃなじじいたちがぶっとばし
情けないダメ親父が列車強盗し
息子たちはあまずっぱい恋をする。
もうほんとにおなかいっぱい楽しめる映画です。
なぜだか幸せな気持ちになれる映画です。
陽気でやかましいジプシー音楽にのって
豚アヒルヤギ黒猫白猫がどかどか登場します。
テンション高い。めちゃ高いでもあったかい。

入院してるじいちゃんの病室に
楽隊をひきつれて見舞う息子。
「ムジカー!」と大喜びしてベッドから飛び降りるじいちゃん。
キューバのじいちゃんたちもそうですが
音楽が血のなかに濃ゆく流れている人たちって
なんであんなに格好いいんでしょうね。

ゴットファーザーのグルガじいちゃんが
高速車イス(?)で銃をぶっぱなしながら颯爽とあらわれ
眼光スルドク葉巻をふかすシーンが焼き付いています。
お孫さん思いのやさしいじいちゃんなのです。

黒田硫黄の「セクシーボイスアンドロボ」の
「黒幕おじいさん」がグルガに似てるなあ。
わたしも格好いいじいちゃんになりたい。


2007年06月26日

DVD4本

「トニー滝谷」と
「トリック2」と
「幕末太陽伝」と
「帰郷」をみました。

「トリック2」は、まだ最後までみてないのですが
見るのがつらくなってくるので
途中で一時停止したままなのです。
でもレンタル料金はらってるから
しかたなく最後まで見ますが。
テレビ版はおもしろかった。
映画の「トリック」「トリック2」とも
つらくなるほどたいくつ。
ほらほらこんなのがいーんでしょあなたたちは。
といわれてるかのような脚本&演出。

「帰郷」は、よくあるお話なのですが
よくあるお話なぶんよくある演技で
いわゆる“自然体”でさらっと演じようと思えば
演じられるのですが。
西島秀俊の“自然体”はすごかった。
やはりこの人ものすごい。
迷子になった女の子が見つかり
探しまくってた西島さんが
「なんでいなくなっちゃうの!!」
と女の子に叫ぶシーンにぞっとした。
映像きれい。

「トニー滝谷」は、イッセーさんと
宮沢りえちゃん主演。
イッセーさんラブストーリーもいけるんだと新鮮でした。
ぎこちなく片手で妻を抱くシーンが
リアルでしみいりました。
イッセーさんて実際に心底恋愛したことないのかなあ。
なんかそんな気がしました。

「幕末太陽伝」は、フランキー堺の元祖お調子者男が最高。
南田洋子の売れっ子芸者もめちゃかわいい。
心の底から楽しめる映画です。

2007年03月12日

エディにほれた

ほんとは「香水映画」を見る予定だったんです。
友人の披露宴でシャンパンがぶ飲みした女友達が
新宿東口に到着するまでは。
ごきげん酩酊女を携帯電話で新宿コマまで誘導し
チケット買う段になって
「あんたなーあの映画はなー相当アレやで。
カネかけまくったグロやで」というわけです。
そう?つまんなそう?ときくと
「あードリームガールズ見る!
これはなアホ映画や!アホな映画なんやで!」
というわけです。
酩酊女と話がかみ合うわけもなく。
ま、ドリームガールズのほうがいわれてみればアホっぽく、
私が苦手なグロ描写もなく
なんも考えんと見れそうやしま、ええかー。
というわけで見ました。

まず、
だれじゃーこのおっとこまえはー!
ノーチェック、完全にノーチェックしてたアタシの今までに大反省。
おっとこまえ=ジェイミー・フォックス

で、
だれじゃーこのめっちゃかわいこちゃんは!
はじめてちゃんと歌声聞いたけど
めっさええがなー、演技もええがなー
おっさんほれてしもうたがなー=ビヨンセ

で、
ド迫力ド迫力かつデリケートな歌声。
目と耳が彼女に吸い付いて
どうにもこうにもはなさせなかった=ジェニファー。

で、好きになるタイプでは全くないし
なんかおもしろいけど、ま、結局友達どまりよねー
くらいにしか思ってなかった彼。
「ビバリーヒルズ・コップ」くらいしか
チェックしてなかった彼。

今回ほりだしもんでした。
エディ・マーフィー。

ファンキーでパワフルな歌声やら
バックシンガーの女の子にすぐ手を出しちゃうだらしなさやら
でもなんだかめちゃ真剣に必死こいて口説いてるうちに
本気になっちゃうとこやら、移り気で理不尽な業界パワーにまきこまれながら
自分のソウルを守り通すとこやら。
いい加減なんだけどめちゃめちゃ格好いい。
ええ役つかんだなーエディ。
(後半は、わたしの脳内で、彼の声が山ちゃんに変換されておりました)

ストーリーは単純明快。
彼ら彼女らの歌声がすべて。
音楽ってやっぱりめっちゃかっこええですわ。

2007年01月15日

鉄コン筋クリート

高い高い鉄塔のてっぺんから
ごちゃごちゃぐちゃぐちゃの街のなかに少年が落下していく。
大画面でああいう映像を見せられると
いつも下っ腹がぎゅうううっとなります。
自殺にしかみえない無防備で無鉄砲な落ち方なのに死なないで着地。
死なないうえに鉄パイプなんかもっちゃってめちゃ強い。
血まみれ兄弟シロとクロのおはなし。

新宿と渋谷と中国と韓国とその他アジアの国の繁華街が
混じり合ったぐっちゃりアジア丼(どんぶり)な街のデザイン。
ちょっと前にインドにいたので、無闇に増殖した路地風景が懐かしでした。
押井監督の作品やら「スワロウ・テイル」でもそうだったし
大友克洋の「AKIRA」もそうでした。
決してアメリカやヨーロッパ的な街にはならない。
なんなのでしょうねこの共通は。
いま、みなさんの住む街はどうですか?
すでにアジア丼ですか?

原作のすえた街の匂いと暴走スピード感と妙な清潔・カラっと感が
映像化されていて、さすがやー、さすが「マインド・ゲーム」
映像化した人たちやーと、あらためて「マインド・ゲーム」の
すごさをしみじみ。

危機的状況におちいるクロ。
クロのなかの闇の部分がクロを助け。
闇にのまれそうなクロをシロが救います。
「俺はお前を守る」とメッセージをのこすクロのなかの闇。
どちらが強くても弱くてもなりたたない陰陽のバランスの
描き方がものごっついわかりやすい。
小学生にぜひとも見てほしいのです。
善悪ではない、陰陽の世界。
でも、暴力シーンがクールで格好いいだけに、
しかもマネしやすいだけに(鉄パイプなんてそこらに転がってるし)
ちょっと。

シロの声。びったしでした。

2006年10月24日

イッセーさんきました

イッセー尾形。
きてますよ。

今年になってから
一人芝居のビデオやDVDや
あれこれ見てきたんですが。

なんとユニクロのCMに。
アリナミンのCMに。
ユニクロTシャツもデザインするとかしないとか。
やほー。
まだ「太陽」はみてないんですが。

彼の一人芝居を見た後は、
街でみかける人すべてが
イッセー尾形の演じる
サラリーマンやら魚屋の奥さんやら
歌姫やら大家族やらバーテンに
みえてくる。
ふしぎーです。

こないだNHKで
台本無しの2人芝居やってました。

福岡の屋台にやってきた2人。
という設定。
http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/futari/index.html

大泉洋。
小松のおやぶん。
石田ゆりこ。

大泉洋はたじたじ。
小松さんとはチョウチョウハッシ。
石田ゆりこは、意外にいいかんじ。

でした。


2006年10月24日

イッセーさんきました

イッセー尾形。
きてますよ。

今年になってから
一人芝居のビデオやDVDや
あれこれ見てきたんですが。

なんとユニクロのCMに。
アリナミンのCMに。
ユニクロTシャツもデザインするとかしないとか。
やほー。
まだ「太陽」はみてないんですが。

彼の一人芝居を見た後は、
街でみかける人すべてが
イッセー尾形の演じる
サラリーマンやら魚屋の奥さんやら
歌姫やら大家族やらバーテンに
みえてくる。
ふしぎーです。

こないだNHKで
台本無しの2人芝居やってました。

福岡の屋台にやってきた2人。
という設定。
http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/futari/index.html

大泉洋。
小松のおやぶん。
石田ゆりこ。

大泉洋はたじたじ。
小松さんとはチョウチョウハッシ。
石田ゆりこは、意外にいいかんじ。

でした。


2006年10月24日

イッセーさんきました

イッセー尾形。
きてますよ。

今年になってから
一人芝居のビデオやDVDや
あれこれ見てきたんですが。

なんとユニクロのCMに。
アリナミンのCMに。
ユニクロTシャツもデザインするとかしないとか。
やほー。
まだ「太陽」はみてないんですが。

彼の一人芝居を見た後は、
街でみかける人すべてが
イッセー尾形の演じる
サラリーマンやら魚屋の奥さんやら
歌姫やら大家族やらバーテンに
みえてくる。
ふしぎーです。

こないだNHKで
台本無しの2人芝居やってました。

福岡の屋台にやってきた2人。
という設定。
http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/futari/index.html

大泉洋。
小松のおやぶん。
石田ゆりこ。

大泉洋はたじたじ。
小松さんとはチョウチョウハッシ。
石田ゆりこは、意外にいいかんじ。

でした。


2006年10月12日

かくれた傑作   『切り抜ける』

ぐぐっとたぐりよせられるタイトルにひかれ。
1日半で全編視聴でふらふらです。

バカ殿が部下の妻に横恋慕。
いろいろ難癖つけて部下を上意討ちに。
彼を斬ったのは友である近藤正臣。
バカ殿の計略を知った正臣は
死んだ友の妻と息子を連れて脱出。
幕府にバカ殿の非道を告発するため江戸に向かう。

正臣成敗のために藩が送り込んだ刺客が、
斬られた部下の弟・岸田森。 (さいきんハマっている怪優さんであります)
父・佐藤慶とともに
「兄嫁と密通し、兄を斬って逃亡した」正臣を追う。

で、回をかさねるごとに
どんどんどんどん
ほんとにどんどん
それはまあ見事にどんどんどんどん
岸田森にスポットライトがあたっていくのでありました。

妾腹の子。
幼いころから本妻の子である兄と区別され。
父・佐藤慶も兄のことしか頭になく。
兄の結婚式には招かれず。
そのとき母は病気で床に。
ひとりぼっちで母を看病する岸田森。
母の死に号泣する岸田森。

父・佐藤慶に対する屈折した思い。
父は兄嫁と孫を連れ戻し、
孫を家の跡取りにすえようとしている。
妾腹の子である自分の居場所は、どこにも無い。
しいたげられたままで自分の人生は終わるのか。
自分という存在を認めさせてやる。
自分をさげすんだ世の中を見返してやる。
そして、正臣が連れて逃げている兄嫁は、
密かに想い、その想いを封印してきた憧れの女性。

この胸つまる設定のために。

冷血で卑劣で臆病でサドっけのある
めちゃくちゃ複雑骨折なヒールなのに。
この胸つまる設定のために。

がんばれがんばれ岸田森!
と応援せずにはいられないのであります。

最終回。
そんなヒール岸田森の前に
「あなたはほんとうはやさしい人です。
自分をこれ以上傷つけないで」と、
腰元ジュディ・オングがあらわれる。
生まれて初めて誰かから、自分を思いやる言葉をかけられ
自分の内側にふれられてとまどい反抗する岸田森。
母の位牌に添えられた花。
ジュディ・オングが飾ってくれたことを知り
苦しさととまどいとあきらめとやさしさの
まじりあった表情を浮かべる岸田森。
「私は。あなたが考えているような男じゃない」
母の墓にとりすがって泣く岸田森。
もう引き返せない岸田森。
気づくのがおそすぎた岸田森。

放送当時、低視聴率だったそうで。
もういちど、岸田森とはり合えるだけの
相手役を用意して
もういちどリメイクしてほしい作品。

まったくおみごとな演技です岸田森。

2006年09月04日

コンドルズ観戦

日本縦断黄金郷ツアー2006
[ELDORADO〜New Best of Condors]東京大決戦

いってきました。

まさにぎらぎら。ただいま絶頂期なのかコンドルズ。
前の公演にくらべて
お客さんに若い娘さんが多いのは
やはり教育テレビの影響か。

いろんなもんがみなぎってみなぎって
ためてためて爆発する近藤さんのダンスに
なぜか見ているこちらも体がこちこちに緊張。
勝山さんの女子高生姿&「男子は、だ・ま・れー!」に鳥肌。
鎌倉さんのたくましい棒武術に拍手。
小林さんのお客の視線を釘付けにする達者なしゃべりに爆笑。
石淵さんの剛毛胸毛にくらくら。
青田さんの妙に色っぽい腰つきに目をふせ。
古賀さんの目隠しダンス&舞台から墜落に冷や汗。
藤田さんのしなやかな踊りに友人のハートは打ち抜かれ。
オクダさんと橋爪さんはコミックに磨きがかかり。
高橋さんの声優はかなりキワキワで。
山本さんのハゲ頭に金色の紙吹雪がべたべたくっつき
黄金の王冠となり。

ええもんみさしてもらいました。
いい汗かきました。

最後に舞台上のスクリーンに
「僕らは、まだ、始まったばかり」の文字が。

そう、あなたもわたしも落ち着いてるばあいじゃない。
まだ、始まったばかりなのだ。

2006年08月28日

コックと泥棒、その妻と愛人

という映画をざっと見た。
ざっと。
なにせ視聴時間が30分しかなかった。
30分後にはそのDVDを宅急便で
ある人に送らねばならなかった。
だから、ちゃぷたーを操作して
はじめのほう と おわりのほう を見ることにした。

はじめのほう/夜のネオン街。
泥棒一味の親分が、なにかをしでかしただれかを
リンチしている。(ここらへん、筋をおって見ていないのでさっぱり)
車の上にあおむけに押さえつけて口の中になにかをぐいぐいおしんでる。
泥.........?   泥を、食べさせてますかあなた?

一転、豪華退廃的な内装のレストラン。
食べに来てる人たちの衣装の色遣いもグロテスク。
ゴルチェが衣装担当らしい。
親分と子分、そして親分の妻が豪華な食卓をかこむ。
「おめーらもちっと上品に食わんかい!げふっ!ゲップはええんやゲップは!
コラ全部食べんかい!吐くな!もとにもどせ!」
などなど、下ネタもふくめて下品きわまりない話題をふりまきつつ
大騒ぎでディナーを食べている。
妻はそんな騒ぎをよそに、
遠くの席でひとり座って食事する男に流し目。
彼女の愛人のインテリ男。

「トイレに行ってくるわ」と席を立つ妻。
しめしあわせてトイレでインテリとしっぽり。
とおもいきや、「こらー!おそいぞーなにしけつかるー!」と
泥棒が婦人用トイレに。

はいここで15分経過。
のこりあと15分。

おわりのほう/
泥棒が店に入ってくる。おびえた表情。
店内で妻が泥棒を出迎える。
「おまえ!なんで帰ってこんのや!
な、あのインテリなんか本気で好きちゃうんやろ!
俺のとこに帰ってこいや!あいつ殺しちゃる!」
チャプター6から14あたりまでになんかいろいろあったようだ。

妻、泥棒を冷笑。
「......今夜、あなたを招待したのは。
私からの特別な料理を食べてもらいたいからよ」

店の厨房に通じる扉がしずしずと開き。
料理長を先頭に、ウエイター、ウエイトレスなどなど
店のスタッフがこちらにやって来る。
左右に立つスタッフの間に
彼らの手にささえられて横たわる巨大な銀のお盆。
その、おぼんの。
うえに。

2006年07月25日

『わが兄はホトトギス』

偶然にも、ほんとうに偶然にも。
いま、仕事で正岡子規をあつかっていて。
まさか子規を岸田森が演じていたとは。

脚本は早坂暁のテレビドラマ。

冒頭。
鶯谷の駅に降り立つゆるいウェーブ長髪の岸田森。
子規が過ごした子規庵をたずねる。

病にたおれてから寝たきりで過ごした小さな六畳間に立つ。
と、鏡台と、そばに髪切りハサミが。
鏡には子規本人の写真が貼ってある。
おもむろにハサミをとり
髪を切りはじめる岸田森。

ときどき子規の写真に、確かめるような視線を送る。
坊主になった岸田森。(なんか、似てるんですよ)
そこへ、年配の女の人の声。
「のぼさーん」「のぼさーん」(正岡子規の幼名はのぼる)
声のするほうへ振り向く岸田森。
「はーい!」

そして、ドラマが始まる。

激痛に泣き叫び、包帯をかえようとする妹を
「お前はわざと痛くしてるんだ!」となじり
やつあたりする子規。
やらねばならないこと、やりたいことはつきないのに。
もう、自分には残された時間はない。
頭をかきむしり、号泣する子規。
ふと、隣の部屋に置いてあるカミソリで死ぬことをかんがえ、
けれど、隣の部屋へ行くことすらできぬほど冒された体。

しかし、生きること、書くことへの執着が
随筆や写生、たくさんの歌となって生まれてゆく。

病床での親友や弟子たちとの楽しい語らいのひととき。
なんと、伊藤左千夫役で草野大悟が!
なんだかうれしいなあ。

確実に死に向かっている自分。
それ以上に、それにまさって、生きることへ執着する自分。
その異様な、すさまじい命の輝きに、ただ圧倒。
それを演じきった岸田森もよかった。
細かな動きより、体全体でのたうちまわって演じた感じ。

数日前に『病床六尺』を読んでいたこともあり
あらためて、正岡子規の生き様に感動。

2006年07月16日

怪奇大作戦

「ウルトラマン」の円谷プロが
「ウルトラセブン」の後番組として作った異色TVドラマ。

科学捜査研究所=S.R.I.が、犯罪の謎を追うストーリー。
といっても怪獣がでてくるわけではありません。
あくまで人間が主人公。
人間が犯す事件を題材にしています。
で、これがねえ、かなーりおもしろいんですよ。

母の胎内にいるときに広島で被爆してしまった妹。
長くは生きられないと宣告されている妹。
愛する妹を生かすため、治療薬開発をするために
科学者である兄が犯す、悲しき犯罪。『死神の子守り歌』

都市化が進む京都の街。
すすけた過去の遺物となりゆく仏像を
守るために女はある決意をする。『京都買います』

理由なき無差別犯罪をくりかえす
まじめで内気な青年。『かまいたち』

彼にとって、太平洋戦争はまだ続いていた。
『24年目の復讐』

昭和40年代、高度成長期の日本社会におこる、ひずみ、ゆがみが
どのエピソードにもかなりこゆく反映されています。
しかも今の社会にあてはまるものも多い。

S.R.I.の中心メンバー、牧史郎。
大学で応用化学を学んだクールな切れ者。
ヘビースモーカー。コーヒー飲み過ぎ。
普段は冷静沈着なのに、
ときに犯人の気持ちがわかりすぎて
シンクロしちゃいそうになったりする
あぶなかっしいところもあり。
見ていてはらはらです。
ふっと見せる上目づかい寂しげ笑いが
なんともせつなくてねえ。

彼と対照的なのが三沢京助。
通称助さん。
こちらは情熱熱血猪突猛進青年。眉毛が濃い。
捜査方針で「牧先輩」と衝突することもしばしば。
「牧先輩はひどすぎる!さあ、行きましょう!」と
牧の厳しい尋問から女性を解放してやることも。
ま、いわゆるモテ役ですな。

あと、パシリの若手、野村洋。通称ノム。
コミカル全般はノムさんの受け持ちです。
正反対の先輩2人にはさまれて、大変ですばい。

で、所長の渋いおやじ、的矢さんと
助手のカワイコちゃん、さおりちゃん。

ツタヤでかりて、ぜひ一見あれ。

『京都買います』(実相寺監督)は
ファンのなかでは全話中、一番の傑作とされているそうで。
たしかに、ほんとでした。

牧演じる岸田森の演技、神がかってます。

2006年07月16日

怪奇大作戦

「ウルトラマン」の円谷プロが
「ウルトラセブン」の後番組として作った異色TVドラマ。

科学捜査研究所=S.R.I.が、犯罪の謎を追うストーリー。
といっても怪獣がでてくるわけではありません。
あくまで人間が主人公。
人間が犯す事件を題材にしています。
で、これがねえ、かなーりおもしろいんですよ。

母の胎内にいるときに広島で被爆してしまった妹。
長くは生きられないと宣告されている妹。
愛する妹を生かすため、治療薬開発をするために
科学者である兄が犯す、悲しき犯罪。『死神の子守り歌』

都市化が進む京都の街。
すすけた過去の遺物となりゆく仏像を
守るために女はある決意をする。『京都買います』

理由なき無差別犯罪をくりかえす
まじめで内気な青年。『かまいたち』

彼にとって、太平洋戦争はまだ続いていた。
『24年目の復讐』

昭和40年代、高度成長期の日本社会におこる、ひずみ、ゆがみが
どのエピソードにもかなりこゆく反映されています。
しかも今の社会にあてはまるものも多い。

S.R.I.の中心メンバー、牧史郎。
大学で応用化学を学んだクールな切れ者。
ヘビースモーカー。コーヒー飲み過ぎ。
普段は冷静沈着なのに、
ときに犯人の気持ちがわかりすぎて
シンクロしちゃいそうになったりする
あぶなかっしいところもあり。
見ていてはらはらです。
ふっと見せる上目づかい寂しげ笑いが
なんともせつなくてねえ。

彼と対照的なのが三沢京助。
通称助さん。
こちらは情熱熱血猪突猛進青年。眉毛が濃い。
捜査方針で「牧先輩」と衝突することもしばしば。
「牧先輩はひどすぎる!さあ、行きましょう!」と
牧の厳しい尋問から女性を解放してやることも。
ま、いわゆるモテ役ですな。

あと、パシリの若手、野村洋。通称ノム。
コミカル全般はノムさんの受け持ちです。
正反対の先輩2人にはさまれて、大変ですばい。

で、所長の渋いおやじ、的矢さんと
助手のカワイコちゃん、さおりちゃん。

ツタヤでかりて、ぜひ一見あれ。

『京都買います』(実相寺監督)は
ファンのなかでは全話中、一番の傑作とされているそうで。
たしかに、ほんとでした。

牧演じる岸田森の演技が、神がかってます。

2006年07月11日

岸田森を知っていますか

すらっときゃしゃでうすっぺらいのに、200%増しの存在感。
ど派手なサーモンピンクのスーツと同系色のボルサリーノを
まるで英国貴族のようにシックに着こなし。次の瞬間その格好で
ガシガシ不格好にフェンスによじのぼり
「やーらーれーたー」と絶叫し。
つねに国家機密をたくらんでそうな凶悪三白眼なのに
ふとした瞬間うるうる子犬の瞳になり。
どんなにワルエロドギツイキモイオバカ役でも、なぜか品が漂い。
ぽてっとした唇の右はじが
きゅうっと上につりあがっているのが常態で。
冷静沈着な科学捜査官なのに、次のシーンで髪振り乱し
猛烈ダッシュで犯人追いかけ。
犯人つかまえたのに眼を真っ赤にして泣いてるし。
主役顔ではないのに、登場したとたんに主役を秒殺で食ってしまう。

その名を岸田森

●映画
歌磨 夢と知りせば(実相寺監督   歌麿役)
ダイナマイトどんどん(岡本喜八監督   上記サーモンピンクのインテリやくざ役)

●テレビドラマ
怪奇大作戦(科学捜査官役)
傷だらけの天使(辰巳五郎役)

ほかにもたーくさんあります。
みなさん、彼の映画、今週末にチェックです。
とにかくその演技力に脱帽。
目と、唇の動き、最小限の仕草で
こころのふかーいところの描写まで
描き出せるその演技力に脱帽。

2006年07月10日

毒と笑いにまみれたやつら

こないだ本多劇場で遭遇してしまいました。
やばい人たち。
ザ・ニュースペーパーといいます。
http://www.dop.co.jp/infotnp.html

社会風刺コント集団。
かなり毒。黒い。そしてあらゆる物事を笑いに変えるパワー。
この5月には外国人記者クラブでも公演。
主力メンバーの渡部又兵衛さん(56)は
糖尿の悪化で左足のひざ下切断。義足。
「さる高貴なご一家」ネタで奥様を熱演。

今回見たコント内容ですが
●小泉純一郎9月退任ネタ(出演:小泉純一郎)
●自民党総裁選挙ネタ(森さん安部さん麻生さん福田さん谷垣さんほか)
●テポドンおよび金様ネタ(工作員の皆さん、金様)
●さる高貴なご一家お世継ぎネタ
(お父様お母様お兄様弟様および奥様方サーヤと黒ちゃん)
●年金問題ネタ(熟年夫婦)
●シンドラーネタ
●医療ミスネタ

その他、時事ネタの合間に
ジャーナリストの矢崎泰久氏との対談。
「僕はね、北朝鮮の人たちに、もっと同情しないといけないと思ってる。
だって、洗脳教育で育ってきてるんだよあの人たち。
僕が小さい頃(矢場氏は現在72歳)、大きくなったら
戦争にいって天皇陛下のために死ぬんだって、そう思ってた。
そういうふうに洗脳教育されたからね。それが当たり前だったの。
だからね、当時の日本と同じ状況なのよ北朝鮮は。
みんな洗脳されちゃってるのよ。
もうね、テポドンでもなんでも打ち込んできなさい。
皇居でも都庁でもいいから打ち込みなさい、
それでそちらの気が済むんなら!」

会場中拍手と笑い。

メンバーは20代30代の若者なんだけど
仕切ってるひとたちが50代60代の
ハングリー精神バリバリのおやっさんたちで。

わたしもうかうかしてられないぞーと
おしりに火をつけられたような、
頭から水ぶっかけられたような、
そんなあっという間の2時間でした。

要チェックですぞ。

2006年07月09日

「日本人のへそ」(原作:井上ひさし)

まず、美輪さんが、男役で出ている。

眉毛太くしてドーラン塗って男らしくみせてますが
どうみたって美輪さん以外のなにものでもなし。
偽サラリーマンとヤクザの若頭と教授役で出演してます。
グロテスクな色気があって、ベッドシーンもあって(お相手は緑魔子)
キャー美輪さんちょっとまってーと、どきどきしちゃいます。
ストライキを決行するストリッパーに凄むシーンはさすが男。
ドスのききまくった台詞まわしにびびります。

で、もうひとり、見つけちゃいました。
ぎらりぎらりとしたたる役者さんを。

細身で背が高く、やや猫背ギミ。
ストリップ劇場のコメディアンと
ヤクザの親分役で出演。
黒生地に白のストライプの入ったダブルのスーツが
よく似合う。ニヤリ笑いがよく似合う。着流しもよく似合う。
インデアンの格好がはまっている。口髭がカッコいい。
オネエ言葉がちょっとかわいい。笑顔がこわい。

クロトワ(ナウシカ)か、チェ・ゲバラか。
どっちにも激似な男。
毛髪口髭眉毛顔色仕草そしてその声。
すべてが濃い。
日本人には見えないほど濃い。
その名を草野大悟といいます。

ちょいと調べてみますと......
舞台を中心に活躍するかたわら、岡本喜八、新藤兼人両監督の映画作品に常連として数多く出演。
また、勝新太郎との親交も深かったことから、勝プロ製作のテレビ・映画にも頻繁に登場した。六月
劇場の後輩・松田優作との共演も多数ある。また、思わず聞き惚れてしまうほどの美声の持ち主で
ラジオドラマやナレーション、朗読劇などでも活躍した。
1991年2月24日、TBSラジオ「ラジオ図書館」の収録中に意識を失い、緊急入院。2月27日、脳
内出血のため51歳の若さで急逝した。

そうですか....おなくなりに.....。
当時から独特の名脇役で活躍されてたそうなのです。
ぜひ、彼の舞台が見たかったなあ。
(舞台の映像なんて、残ってないでしょうね)

で、聞き惚れる美声の持ち主ってございましょ。
新潮社の朗読CDで太宰の「走れメロス」「駆け込みうったえ」
を朗読されてるそうで、これが名演熱演激演だと評判なのだ
そうなのです。注文しました。

「日本人のへそ」
ほんとにおもしろい映画です。
美輪さんと草野さんの演技をたのしみつつ
そのほかの豪華俳優陣もたのしみつつ
(緑魔子佐藤蛾次郎小松方正ハナ肇東てる三谷昇)
ぜひ、ぜひに!


2006年06月26日

この人の落語に要注意!

みなさーん。
へんな落語家さんがいますよー。
今すぐチェックですよー。

ふらつく足取りでうつむきがちにふらふらーふらふらーと
高座にあがってきました。
顔が青黒い。眼の下にクマ。すごく具合わるそう。
うわーだいじょぶかこのひとー。
ガックリ倒れ込むように座布団へ。
うわー。このまま死ぬのかー。
「...はあ....」
のっけからため息だー。

柳家喜多八さんといいます。
「昨日飲み過ぎて気持ち悪いんですよ...」
いきなりグチー。
「それでなくても最近体の具合悪くてね...」
ひとしきりぶつぶ独り言のようなグチが
だるーい口調でつづき
お噺は「代書屋」。

薄暗い店の中で
じいっとお客が来るのを待ちながら
薄暗い天井やら部屋の隅っこやらを
眺めている鬱々した代書屋のおやじが
まさに、そこに、いました。
すごい。

お客としてやってくる
まぬけの八っつぁん(熊さん?)の甲高い声を
絞り出すように、すごーく苦しそうに出すんです。
見てるほうが心配になってきます。
このひと噺の途中で死ぬんじゃ...。

ほかの人が演じると
単なる脳天気な八っつぁんが
腹になんか隠してるような
クセモノキャラクターになってました。

すごいもん見ちゃったなー。

2006年05月22日

いろいろなニクタイ

吉祥寺で、大駱駝艦の舞台を見てきました。
http://www.dairakudakan.com/
二度目です。

人のニクタイってものが、こんなにもそれぞれでさまざまで
あることを、毎度この踊り手たちに思い知らされます。
どんなファッションも、このニクタイを超えることはできない。

最小限の布っきれしか身につけない(時には、それすら
消え失せますが)踊り手たち。
一度目に彼らの舞台を見たとき、
ひとり、強烈なオーラをはなっている踊り手を発見。

一緒に行った友人に、そのことを終了後に話すと
彼女もその人の動きをずっと追っていたそうで。
口ぽかん状態で見てたそうで。

で、今回の舞台にも彼が出ていました!

キワダツ。とは、この人のこというんですね。

例えるなら、素裸の奴隷なのに、王様の物腰。
動いているときも、静止しているときも、
気品と色気がみっちりただよっている。
スラリとしているけど、細くはない。
筋肉ついてるけど、ゴツくはない。
しっかり男の人のカラダなんだけど、腰まわりは女の人のように
うつくしくくびれている。
いったいナニモノ。
彼と同じ振り付けで踊っている人がいたんですが、
ぜんぜん、まったく、ちがう。
その人も、相当うまいんですけど、ちがう。
圧倒的な存在感なのです。

これは、ほんとに、みなさん実際に見てほしい。
奴隷市場で売ってたら大枚はたいて即買いです。

女の人と男の人のカラダのちがいもまざまざわかります。
ほそくって、ぜんぜん脂肪ついてなさそうな女の人でも、
おしりの肉はぷるぷるふるえる。
男の人は微動ダニしない。それがふしぎでおもしろい。

大駱駝艦。チェックですよ。
コムズカシイことなんてまったくない。
初めての人もきっちり楽しめます。

2006年05月20日

ゲド戦記ついに

7月公開。
歌詞よかった。
朔太郎の元ネタの詩も。
寂しいでしたが。
読んだときが、そういう精神状態だったので
ささりました。

原作、すさまじい話です。
映画で、どんなことになるのかたのしみ。

トレイラーみれます。
http://www.ghibli.jp/ged_01/
田中裕子こわい。

キャッチコピーいいです。ちょっとくやしい。

見えぬものこそ。

2005年11月24日

ハヤオ好きキャラランキング2

ワルモノの部

1位 ムスカ
寺田農の声がぴたりとはまった冷血漢。
ジブリ作品中、最凶人物か。
沈着非情狂気の男。
シータのように愛されて育ってれば、
こんな子にはならなかったろうに。
ルックスはいいのに。
〜もしもムスカとデートしたらば〜
待ち合わせ場所に到着してニコリ:これはこれは王女様ではないか
デパートの洋服売り場で:ハヤリの服はきらいですか?
デパートの宝石売り場で:黒い石だ!!伝承の通りだ!!
行列のできるレストランで割り込んできた人に:
あっはっは、私と戦うつもりか!
注文したワインが品切れだというソムリエに:
ひざまずけ!!命乞いをしろ!!
クリスマスツリーを見上げながら:
素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!
バーでそろそろ閉店ですのでお会計をと言われ:
言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!

うーんたのしそう。

2005年11月23日

ハヤオ作品で好きなキャラランキング

ではさっそくいってみましょう。

男子の部
1位:クロトワ(ナウシカ)
こズルクて、小心モノで、ヒネクレで、ヤラシくて、
見栄っ張りで、野心家で、ハングリーで。
でも、なんだかんだいって部下に慕われてたり
たまーにキラリと格好よかったり。
好きな女には一途ってあたりがタマラン。

2位:ホームズ(このアニメはまりました)
声が広川太一郎。これだけで十分です。
かっこいいいいんだー。

3位:ルパン一味&銭形(カリオストロ)
ナイーブなルパン。
純情な五右エ門。
どうしたって素敵な次元。
「奴はとんでもない物を盗んでいきました・・・あなたの心です」
とっつあーん!

2005年09月26日

コンドルズ公演「TOP OF THE WORLD]」行ってきました!

生・生・ナマコンドルズ!
いってきましたぜやっほう!
(コンドルズについての予備知識はこちら
http://www.condors.jp/)

コンテンポラリーだんすって?
コンテンポラリーなダンスって?
こむずかしいのかしら?
とんがっちゃってるのかしら?
わけわかんないのかしら?
しろぬりなのかしら?
な状態でのぞんだのでした。

が。

ダースベイダーでレッツダンス!
中島みゆきでレッツダンス!
お客さんに黄色いモノを借り物競走してレッツダンス!
姥捨山でレッツダンス!
近藤良平さんソロでレッツダンス!
メンバー総出でレッツダンス!
カーテンコールでレッツダンス!
またまたカーテンコールでレッツダンス!
またまたまたカーテンコールでレッツダンス!
またまたまたまたカーテンコールで
お客さんも立ち上がってレッツダンス!

終わってへとへとぐったり。
武道館でのライブイベントのノリで。
もうたいへんでした。

ニューヨーク公演では
「日本のモンティ・パイソンだ」(N.Y.タイムズ)
と絶賛されたその舞台。

モンティ・パイソン知らない人でも、
ダンスなんてよくわからん人でも、
いっかいでええから見てちょーだい。

ダンスあり、映像あり、人形劇あり、
弾き語りあり、演劇ありの
血液沸騰必死のコンドルズワールドに
はまってこーい!
どーん!

2005年08月18日

鑑賞妖怪大戦争

見てきましたよ見てきましたとも。
妖怪大戦争。

上映前のひととき。無秩序にはしゃぐこどもらと
神経質に注意しまくる母親らの怒声歓声わめき声。
しかし、しかし。マダガスカルを選ばずに
妖怪大戦争を選んだこどもたちよ!母親たちよ!
その心意気やよし!

人間に捨てられた機械を使ってヨモツモノを生み出し
世界を暗黒支配しようとする加藤。

人間を憎みながら、それでも人間を愛し
守ろうとする妖怪たち。

うろたえる人間たちのなかで、
ひ弱で臆病な少年が
世界を救う者として選ばれる。

「戦争はするもんじゃないです。
戦争するとハラがへる」
という水木翁のメッセージ。
これがこの映画のすべてです。

水木翁は子供の頃からごはんが大好き。
小学生のころから
おなかが納得するまでうーんとご飯をたべてから
登校していました。
遅刻なんか気にしない。
ごはんがいちばん。ごはんが大好き。

ごはんがなければいのちもない。
いのちがなければいきていけない。
いきること=ごはんを食べること。

戦争なんてハラのすくことを
すすんでやってるヤツラの気がしれない。
いますぐやめて、ごはんを食べよう。
ごはんを食べれば、なんとかなる。
おなかいっぱいになれば、元気も出てくる。
生きていける。

笑いどころと泣きどころをぎゅううう
と抑えた、素晴らしいエンターテインメント。
感動しました。
もいっかいみたい。

加藤保憲:豊川悦司→眉毛なし凶眼オールバック男は、子供心にトラウマ120%。
スタイリッシュなスーツがよくお似合い。冷血男が苦手なもの。それは愛。
鳥刺し妖女:栗山千明→加藤様への愛のに生きるアギ。
ヒモ状態の悪い男、加藤様のために、なにからなにまでお世話
するけなげな娘なんだよう。
猩猩:近藤正臣→新境地をひらきなさったね。
川太郎:阿部サダヲ→林屋亭どん太の再来か!?
随所に繰り出す突っ込みや一人ボケがキラリ。
川姫:高橋真唯→ふとももが。。。以上。
ぬらりひょん:忌野清志郎→ゆるーく。あくまでゆるーく。ずっと薄笑い。
油すまし:竹中直人→ナンの男の再来か!?

2005年08月02日

妖怪はどうですか

「妖怪感度」とは
水木しげる先生のお言葉。

妖怪感度が高いと、妖怪を感じたり
遭遇できたりするのです。

感度ゼロのわたくしは
まだまだその境地に達しておらないわけです。

妖怪感じたり見たりした人いませんか?
どんな状況でどんなモノを感じたか
教えてください。

妖怪ではないけれど、
沖縄の久高島のウタキ(聖地)を訪れたときは、
「ああ、ここはよそもんが入ってはだめだなあ」
という、厳粛な力を感じました。
鳥たちが鳴き交わしているのですが、
ウタキのあるエリアだけ
シン
としている。
温度も5度ほど低いような。

感度ゼロの私が感じるのだから
よっぽど強烈なパワーを発しているのですね。

妖怪馬鹿のはしくれとして、
今週末公開の「妖怪大戦争」は
みのがせません。

妖怪キャストがおおものてんこもりでびっくり。

【悪霊軍団】
加藤保憲:豊川悦司
鳥刺し妖女:栗山千明

【妖怪のみなさん】
猩猩:近藤正臣
川太郎:阿部サダヲ
川姫:高橋真唯
一本だたら:田口浩正
大天狗:遠藤憲一
砂かけ婆:根岸季衣
ろくろ首:三輪明日美
雪女:吉井 怜
豆腐小僧:蛍原 徹(雨上がり決死隊)
大首:石橋蓮司
ぬらりひょん:忌野清志郎
油すまし:竹中直人

【人間のみなさん】
稲生タダシ:神木隆之介
佐田:宮迫博之(雨上がり決死隊)
稲生陽子:南 果歩
稲生タタル:成海璃子
「怪」編集長:佐野史郎
宮部先生:宮部みゆき
読書好きのホームレス:大沢在昌
駐在:徳井 優
たこ焼き屋のアナウンサー:板尾創路(130R)
屋台のオヤジ:ほんこん(130R)
よういちの父:田中要次
阿倍晴明:永澤俊矢
大人のタダシ/タダシの父:津田寛治
牛舎の農夫:柄本 明


2005年07月11日

あかんぼうのなきごえはどうですか

4月のある夜、ふと真夜中に眼がさめました。
丑三つ時です。うわあ、やな時間におきちまったなあ。
けとばしていた布団をかぶりなおし
はよねよはよねよと目をつぶると。
耳元で鳴き声が聞こえるのです。
ネコ....?いや、ネコにしてはちょっと...?
ああ、赤んぼうか...。
しかし、赤んぼうなんて生んだおぼえないしなあ...。
寝ぼけつつ聞いていると
どうやら隣の部屋から壁ごしに聞こえてくるのでした。
隣の人って赤んぼういたっけ?
たしか若夫婦2人だけだったんじゃあないかなあ。
あ、お生まれになったのですかなあ。
それはおめでとうございます。

というわけで、それから現在にいたるまで
赤ん坊の泣き声にことかかない毎日。
しかし、赤ん坊の泣き声ってのは不思議なもんですな。
最初は「これ以上泣きさらすとなまはげよぶぞ!」
と思ってたんですね。
これがまたよく泣く赤ん坊でね。
朝からひと泣き、午前中にもうふた泣き。
午後は不定期に泣き泣き。
それが夜から真夜中までぐずぐず泣き。

でも、ついこのあいだの土曜日の昼間。
寝室で本を読んでいたんですが、
れいのごとく赤ん坊が泣きはじめまして
でもその泣き声が、なんだかかわいい。
悲しくて泣いてるんじゃないのがわかるんですね。
たぶん、お母さんかお父さんにあまえ泣き。
もしくはねむたいよ泣き。
で、なんだかここちよいBGMのように聞こえてきまして。
気が付いたらぐっすりねてました。私が。

「悲壮感がぜんぜんないからなあ」
と相方は言っておりましたが、なるほどな。
たしかにな。
泣くときって、おおまかにわけると
悲しいか、嬉しいかですもんね。

でも、赤ん坊の泣き声って、なんか
そんなもんをこえた響きがあるなあ。
「めしくれー」「うんこもらしたー」
「もっとかまえー」とか伝えたくて
泣いてるんでしょうけどねえ。
自分の思いを伝える手段なんですかなあ。

ご両親は大変ですけども。

なんの関係もない隣の部屋の私にとっては、
かわいらしいBGMになっておるのです。

で、赤ん坊が主人公の映画を教えてくださらんかの。
邦画洋画といません。
できれば2歳未満が主人公で。

2005年06月22日

初恋でもなく

初恋。
初めて恋するワケですから、それが恋かどうかは
その時点ではわからない。

時間おいてから、ああ、あれがそうだったのかなあ。
あん時、そんなかんじだったのかなあ。
初恋は、そんなものなのかもしれませんな。

では、初恋でもなく。
初恋とも呼べない。ですらない。
そのもっともっとてまえの感情だろうけど。
いいあらわすこともできないんだけど。
そんな感情を味わったことありませんか?

今でも鮮明に思い浮かべることのできる
ワンシーン。

○小学校4年生の時
   修学旅行途中のバスの中

○非日常の出来事に、躁状態になっている
クラスメートたち。
座席から身を乗り出して、後ろの友達としゃべる女の子。
隣同士でお菓子を見せ合う女の子。
昨夜のテレビアニメの話に盛り上がる男の子たち。

○山の中の道を走るバス。
樹々の陰と、葉のすきまから差し込む日の光が、
バスの中にまだらもようの陰影をつくる。

○前の席に座っていた男の子がこちらを向く。
    真後ろに座るわたしの方を向く。

○躁状態のバスの中。
   わたしと男の子の間だけ、しんとしずか。

○ふと、男の子の手がこちらにのびてくる。  
   その手のゆくえを目で追うわたし。

藤沢君。
ぶっきらぼうなしゃべり方。
どこかバカにした口もと。いつも冷めた視線。
先生をてこずらせる日々。
クラスのなかのアウトロー的存在。
 
○のびてくる手。
前髪を くしゃ  とやわらかくつかまれる。
藤沢君 「あおびかりしてる」
真剣な目。
身動きできないでいるわたし。

窓から差し込む陰と光が、
藤沢君の顔をながれてゆく。
一瞬、ものすごく大人に見える。
見たことのないやわらかい笑顔。

やってきたときとおなじように
ふいに手はひっこめられ。
藤沢君は前を向く。
解放されるわたし。
耳に飛び込んでくる車内の騒音。


こんなワンシーンなのですが。
なんてことのないシーンなのですが。
いったい、なぜ、やきついているのか。

藤沢君はその後、北海道に転校してゆきました。
いちど、クラスに手紙きました。
でもそれっきり。
どうしているかなあ。

2005年06月21日

脚本がおもしろい

電車男。
映画は見てないのですが。

話題の映画やドラマの脚本を紹介する
月刊誌「シナリオ」7月号に
脚本が掲載されていたので読んでみました。

俳優さんがインタビューで
「脚本よんで泣いちゃいました」と
答えてることありますが、
あの気持ちを味わいました。
感動しました。

いつ、どこで、誰が、なにを、どうしてるのか。
脚本はあくまでも客観的にそのシーンを
描写していくわけですが。
なので、小説のような
書き手の思いをまじえた描写はないのですが。

ありありとその情景や、
ありありとその時の電車男やエルメスさんの
思いが伝わってきまして。
じーんときました。わくわくしました。
がんばれ電車男!って思っちゃいました。
いい脚本ってこういうことなんですな。

同じ号に掲載されてた
「いつか読書する日」/田中裕子、岸部一徳
も面白かった。

映画を見る楽しみもあるけど、
脚本読むって楽しみもありますな。

昭和40年にテレビ放送されていたドラマで、
新選組モノのなかで最高傑作といわれる
「新選組血風録」があります。

ドラマというよりむしろ映画です。(モノクロです)
めちゃめちゃつくりこんでるんです。
カメラワークがすごい、セットがすごい、風景描写がすごい、人物描写がすごい。
余韻あふれるエンディングがすごい。
1話完結で、毎回主人公がかわり、
その人物を中心にストーリーが展開していきます。
このドラマが絶品!(ツタヤにあります)

結束信二さんという名シナリオ作家が
てがけているのですが、その脚本集を持っています。
怒りや、切なさや、悲しみ、愛しさが、じんじん伝わってくる
そんな脚本なのです。

俳優さんがインタビューで
「脚本をよんで、ぜひ演じてみたいと思いました」
と答えてることありますが、
まさに、これはそんな脚本だなあと
思いました。

みなさんもぜひ一度、
脚本をよんでみてください。
簡潔で、的確で、客観的な描写で、
こころに響くセリフで、
人間のひだひだを伝える脚本って、
ものすごいなあって、思えます。

2005年06月17日

コンテンポラリーなじかん

ダンスにはまろうとしてます。
コンテンポラリーダンスというんでしょうか?
「現代舞踏 」と訳されていますが、
まだ、1回しか舞台をみたことないので
明確にどんなモノなのか、せつめいできません。

きっかけは、世田谷パブリックシアターに
大駱駝艦の【壺王〜つぼのおおきみ】という舞台を見に行ったこと。
フライヤーに、白塗りの、白布でぐるぐる巻きにされた
ひとたちの写真が載っていて
うーん、楽しめるかなあ、理解できるかなあ、
こわいのかなあと心配だったのですが。
おもしろかった。(全身布でぐるぐるまきにされ、足先でちょこちょこ動き回る役者たちにいつこけるかいつこけるかとはらはらしっぱなしでした)

その次に、踊るだけじゃなくって、演劇や音楽的要素も取り入れた
舞台作りをしているコンドルズを知り。
むずかしそう、理解できなさそうという敷居が
完全にとっぱらわれました。

で、ふと思い出したのです。
そういや私もコンテンポラリーダンサーやったやん!

中学生の時、体育で踊りの授業があったんです。
チームごとにテーマを決めて、振り付けと音楽を考えて踊る。
私たちのチームのテーマは「木曜日の5限目」でした。
木曜日の5限目。それは戦慄の時間。
暴力英語教師の授業時間。
英和辞典でなぐるの日常茶飯事。
机はけっとばす点数の悪いテストは足下にばらまく
ときにはグーでなぐる。
目つきがわるい口もわるい色が黒い。
悪夢の時間。

しかし、ダンスの題材としてはとびきりでした。
「まず、チャイムが鳴って、あいつが教室のドアを開けるまでの、
心臓がぎゅううっとこごえるような空気感からスタートだね」
「しーんとした教室歩きまわって、次のエモノ探してる感じもだしたい」
「これ、あいつに見られたらまじでやばいね」
「殺されるね」

どきどきしながら、でも、おもしろがって振り付けしたのを覚えています。
私は音楽を担当しました。
アニメ音楽で行こうと思い、あれこれ探していて
手持ちの「機動警察パトレイバー」のサントラから、
不気味なBGMを見つけることができました。
授業が終わった後の、悪夢の去った
安堵感を表す音楽も、ぴったりなものを発見。

そして、発表会があり、拍手喝采。
暴力英語教師の恐怖を、
学年みんなと共有できた瞬間でした。
めちゃめちゃ爽快でした。

ひとのからだだけで、ありとあらゆる現象を表現する。
ふかいふかいこころの底まで表現する。
ひとのからだってすぎょい。
すぎょいことができるんだなあと感動しました。

今いちばん気になっている人は
伊藤キム
はやく舞台が見たい。

▲Page Top
Copyright(C) GraphLabo. All rights reserved. このサイトと連携する(XML) Powered by Movable Type 3.35